2019.12.16

 12月16日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.109」の一夜明け会見が行われた。

 フェザー級に階級を戻して2戦目となる桝本翔也は安達元貴と対戦。スーパー・バンタム級時代には影を潜めていた持ち前のタフネスと圧力で安達を押し切り、判定2-0で勝利を収めた。一夜明け会見で桝本は「打たれてもあまり効かないし、減量もけっこう楽なのでやっぱりフェザー級が合っている」と改めてフェザー級が適正階級だと認識したようで、ベルトを狙って再びトップ戦線に絡んで行くと来年の意気込みを語った。

「昨日は応援ありがとうございました。試合の感想としてはとりあえず勝てて良かったです。自分の中ではどんな試合でも勝ちは勝ちだと思ってるんで、とりあえず勝って次につなげたので良かったです。(フェザー級に階級を戻して2連勝だが?)フェザー級の方が打たれてもあまり効かないっていうのが、スーパー・バンタム級の時よりはやっぱりありましたね。減量もけっこう楽なのでやっぱりフェザー級が合ってるのかなって思いました。

(江川優生が返上する可能性があるKrushフェザー級のベルトを今後は狙って行きたい?)そうですね。自分はKrushでデビューさせてもらったので、Krushのベルトは絶対獲りたいですね。K-1にも出たいですが、そこはちょっとタイミングを見てですけど、Krushは獲りたいです。

(試合が終わった後にセコンドが『やっと出来るようになったな』と言っていたが?)言ってました? 多分右の被せが練習ではけっこう出せてたんですけど、そのことだと思います。試合ではいつも左ばかりで、右も出せるようにと練習してたんで、とりあえず昨日はけっこう右も打ってたので良かったなと思います。

(ファンの皆さんにメッセージは?)本当に昨日はたくさんの応援ありがとうございました。フェザー級に戻して今年2戦目なんですけど、しっかり連勝で締めくくれたので来年も良い形でつなげられればなと思います。来年はしっかりベルトを狙って、またトップ戦線に絡んで行けるように頑張ります。応援よろしくお願いします」