2019.12.16

 12月16日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.109」の一夜明け会見が行われた。

 2連敗と苦しい状況で、格闘代理戦争出身でプロ2戦目にして本戦に抜擢された新星・稲垣柊と対戦した瓦田脩二。序盤こそ稲垣の鋭いヒザ蹴りに苦しめられたものの、最後はカウンターの右ストレートで稲垣をKOして意地を見せた。

 一夜明け会見では今年最後の試合をKOで締められたことに安堵の表情を見せ、チームペガサス全体での更なる飛躍を誓った瓦田。来年はK-1 KRUSH FIGHTが原点回帰でKrushに名称を戻すということもあって「自分が一番大好きだったKrushライト級グランプリ2009をやっていた頃のKrush、1人1人が本当に魂のこもった試合を見せてくれるような、あの時代のKrushを自分達が創り上げていきたい」と生粋のKrushファイターとしての熱い想いも語った。

「今年はちょっと苦しい時期が続いたんですけど、昨日は勝ちで終わることができてホッとしています。応援ありがとうございました。(試合を振り返って)押されてるようなイメージを持たれた方も多いかと思うんですけど、自分の中ではそれも作戦の中で、相手が1Rから倒しに来ると言ってたんで最初は相手に来させて、ボディを狙って体力を削った上で、2~3Rにチャンスがあれば倒そうと思ってました。クリーンヒットさえもらわなければむしろ攻撃を出させるようなイメージで初めは入って、それが上手くハマって良かったなって思ってます。右ストレートが当たって倒せたのですが、自分の中ではあれは2~3Rに狙うつもりで、あの段階では狙ってはなかったですね。

(来年は自分がチームを引っ張って飛躍の年にしたい?)そうですね。もちろん自分が引っ張るというのもあるんですけど、やっぱりチーム全体で飛躍したいです。今までは(剣闘士)俊さんに引っ張ってもらっていたんですけど、僕が引っ張るのではなく、チーム全体としてどんどん上がっていくような形になっていけたら良いかなと思ってますね。(昨日の試合で俊さんに恩返しができた?)自分がマイクを持った時に俊さんの名前を言うというのは試合前から決めていたんで、ああいう感じで言えて良かったです。ただ本当はSATORUさんと璃明武と3人で勝つことが一番良かったですけど、やっぱり難しかったですね。

(個人としての来年の目標は?)個人の目標としては、次からまたKrushに名前が戻るということで、自分の中では2009年のライト級グランプリをやってた頃のKrushが一番大好きなんですね。1人1人が本当に魂のこもった試合を見せてくれる、あの時代のようなKrushを自分たちが創り上げていきたいと思います。その面では昨日の試合では、自分たちのSATORUさんはそれが見えた熱い試合だったと思います。僕もああいう感じで技術だけじゃなくて、技術以上のものを魅せられるようなKrushを来年から見せていけたらなと思いてます。

(梶原代表から『総本部を引っ張ってほしい』と言われたことはプレッシャーになった?)良い方でプレッシャーになったというか、いつもとは違う気持ちで臨みましたね。俺が引っ張って行くのにこんなところで連敗してるようじゃ絶対駄目だなって思って、より一層気合いが入って練習出来ましたし、悪い方向にプレッシャーはかからなかったんで良かったです。(ファンの皆さんへメッセージ)昨日は応援してくれてありがとうございました。来年もっと上の舞台で活躍出来るように頑張って行きますのでこれからも応援よろしくお願いします」