2019.12.16

 12月16日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.109」の一夜明け会見が行われた。

 セミファイナルで第3代Krushウェルター級王者の牧平圭太と対戦した加藤虎於奈。左ストレートでダウンを先取された状況から終了間際に左ストレートを効かせて反撃に転じると、2Rに2度ダウンを奪い返して逆転KO勝利を飾った。兄レオナ・ペタスと共に兄弟揃ってKO勝利を挙げ、リング上のマイクではKRUSH王者の木村“フィリップ”ミノルに対しタイトルマッチでの対戦をアピールした。

 一夜明け会見では「いつもの俺だったら多分1Rにダウンをもらった時に気持ち的に終わってたけど、倒された時にアドレナリン出まくってめっちゃくちゃ楽しくなった。倒されたのに初めてめちゃくちゃ楽しいと思って、すぐ立ち上がって行けました」と、初体験のゾーンに入ったような感覚が逆転KOにつながったと明かした。

 リング上でアピールしていた木村戦については「昨日の試合を見直して、まだ全然粗い部分もあるし、このまま行ったら全然普通に倒されます(苦笑)。まだまだウェルター級にはたくさん選手がいるんで、そういう選手と戦って最後に辿り着きたい」と自分を鍛え直して木村に挑戦したいと話す。

 また「兄弟揃って出場するとKO勝ちする」という加藤兄弟のジンクスについては「兄ちゃんは今KRUSHで一番上にいる状態なんですけど、自分はまだ登ってる途中。自分より強い相手をKO出来るかって言われたら不安ではあるんですけど…4回目があるならまたKOで終わらしたい」と今後も継続していきたいと語った。

「昨日は1Rにずっと警戒していた左ストレートだったんですけど、まあしっかりもらって倒れてしまいました(苦笑)。そこが反省点ではありますね。でもいつもの俺だったら1Rにダウンをもらった時に気持ち的に終わってたんですけど、倒された時にアドレナリン出まくってめっちゃくちゃ楽しくなって。2Rから絶対ぶっ倒してやろうと思って2Rで勝てたって感じですね。倒されたのに初めてめちゃくちゃ楽しいと思いました。

(課題にしていたフィジカルやスタミナは3Rまで行っても戦えるという感覚はあった?)正直1Rの時にけっこう飛ばし過ぎて(苦笑)。やべえと思ってちらっと時計見たら50秒ぐらい回ってたんで、また今回も体力がないまま終わるのかなと思ってたんですけど。そっからは気持ちで持っていって気持ちで倒せたんで(メンタル面で)良い進化が見られたのかなとは思います。

(兄弟揃って出場するとKOのジンクスは継続になったが?)結果的にはめちゃめちゃ良かったんですけど、でもこれから戦う相手もまたさらに強くなっていくんで。兄ちゃんは今KRUSHで一番上にいる状態なんですけど、自分はまだ登ってる途中なんで。自分より強い相手をKO出来るかって言われたら不安ではあるんですけど。4回目出るってことがあったら、また4回目もKOで終わらしたいとは思います。

(木村とのタイトルマッチをアピールしていたが?)昨日の試合を見直して、まだ全然粗い部分もあるし、このまま行ったら全然普通に倒される試合をしてたんで。まだウェルター級はたくさん選手いるんで、そういう選手と戦って最後に辿り着けたら良いのかなとは思ってます。

(試合前も試合中も全く緊張しているように見えないが)本当に今回は1ミリも緊張しなくて、本当に何でなんすかね? 楽しくなっちゃう。自分がそうなった理由は、一緒に練習している柔道の向翔一郎が試合前とか全然緊張しないでリラックスしてるんですよ。そういうのを見ていて、こういうのが一番良い結果が出るんだなって思って、それで多分自分も緊張しなくなったと思います。

(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日はお忙しい中、加藤兄弟とKRUSHの試合を見ていただきありがとうございます。試合を組んでくれた関係者の皆様、牧平選手、そしてセコンドについてくれた人達、本当にありがとうございます。また次もKO出来るように頑張りますので応援よろしくお願いします」

 

選手登録