2019.12.14

 12月14日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、「K-1 KRUSH FIGHT.109」の前日記者会見が行われた。

 第5試合ではキャリア10戦目の瓦田脩二に、プロデビュー戦を鮮やかな1RKOで勝利した格闘代理戦争卒業組の稲垣柊が挑む。稲垣はプロ2戦目ながら「全体的に僕の方が技術は上。1Rで必ず倒します」と豪語。これに対して瓦田も「そういう気持ちで全部出し切ってはもらいたいんですけど、まあやれば分かると思いますよ」と不敵な笑みを浮かべる。

 さらにK-1ジム総本部のリーダー的存在にもなった瓦田は「同じジムの若手の選手が勢いをつけてくれているので、それに自分も乗って勝って今年を終わりたい」と必勝を誓った。

稲垣柊
「僕はプロ2戦目なんですけど、KRUSH本戦、しかも休憩前の最後の試合という大きな舞台で試合が出来るのがとても嬉しく思っています。今回はデビュー戦とは違って相手がK-1ジム総本部の瓦田選手なので、特別な想いでこの試合に挑みます。(格闘代理戦争では総本部でも練習していたが?)代理戦争の時は瓦田選手が怪我をしていて、一緒に練習する機会は1度もなかったのですが、プロで試合をやることになって、代理戦争の時に一緒に練習しなくて良かったと思います。YouTubeで試合を見る限りではヒザ蹴りと右ストレートが得意な選手だなと思います。

(カード発表会見では1RKOを宣言していたが?)全体的に僕の方が技術では上だと思っています。代理戦争の時は蹴りのイメージがついてたと思いますが、デビュー戦ではパンチでも倒せる自分を見せられたので、2戦目もパンチでも蹴りでも当たれば必ず倒せるので1Rで必ず倒します。

(どんな試合で今年最後のKRUSHを締めたい?)今年に入ってK-1のプロを目指して、9月にプロデビュー出来て、次の試合が1年の終わりです。ここは勝って、来年に大きな目標があるので、それに近づけるようにこの試合は絶対に勝ちたいと思います。

(ファンの皆さんへメッセージは?)たくさんの応援してくださる皆さん、僕はデビュー戦でもそうだったんですけど、一昨日くらいからワクワクして寝れなくて。昨日も寝れなかったんですけど、今日もあんまり寝れないと思うぐらい試合がワクワクしてるんで、そのワクワクを試合で見せたいと思います」

瓦田脩二
「この試合に向けてチームのみんなや会長やたくさんの人が力を貸してくれて、今こうやってベストの状態で試合を迎えることが出来ました。自分の力だけじゃなくて、本当に周りに感謝して今回の試合に臨みたいと思ってます。(稲垣の印象は?)格闘代理戦争の時は怪我をしていたのですが、一緒にスパーリングしなくて良かったなと思います。印象としてはやっぱり身長が高くてリーチを活かしたファイターという印象ですね。

(総本部のなかでもリーダー的な立場になってきたが?)今年の初めぐらいはチーム全体としても自分としても流れが悪くて…。そのなかで自分達を引っ張ってくれていた本当に尊敬できる剣闘士"俊"さんが引退することになって。で、梶原代表から自分にチームをまとめてくれと言われました。

 自分の中では『まだまだ俊さんの代わりなんか…』と思っていたのですが、新しくアマチュアから上がってきた選手たちが練習の雰囲気を変えてくれて、勢いづけてくれて、今はずっと連勝で来ています。自分がジムを引っ張って行くというよりは、その流れに乗って自分も勝って今年を終われたらなって思ってます。

(稲垣の『技術は自分の方が上』だという発言に対して)そういう気持ちで来てもらって、全部出し切ってはもらいたいんですけど、まあやれば分かると思います。(どんな試合で今年最後のKRUSHを締めたい?)同じジムの若手の選手が勢いつけてくれてるんで、それに自分も乗って、最後は他団体ですけど自分たちの最年長の訓 -NORI-さんのタイトルマッチがあるんで、それに良い状態でつなげられたらなと思ってます。

(ファンの皆さんへメッセージは?)いつも応援ありがとうございます。周りのおかげで今の自分があると思うんで、感謝の気持ちを持って全力で楽しんで明日は臨みたいと思います」

 

選手登録