2019.12.14

 12月14日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、「K-1 KRUSH FIGHT.109」の前日記者会見が行われた。

 セミファイナルには王者返り咲きを狙う牧平圭太が登場。兄弟でセミ・メインイベント登場となる加藤虎於奈と激突する。タイトル戦線への浮上をかける両者は、牧平が「明日は試合を楽しみたい」と何度も繰り返せば、加藤も「自分が元王者相手にどれだけ出来るか。楽しみな気持ちで一杯です」と呼応する。

 さらに加藤は「明日の全試合を見ても絶対この試合が魅力的な試合になる。明日僕たち2人が戦って凄いものを見せたいと思う」と明日のベストバウトを見せると意気込みを語った。

加藤虎於奈
「まずは牧平さん、今日誕生日おめでとうございます。試合に向けてやれることはやってきました。牧平さんはいつもは凄い優しい方なんですけど、リングの上では関係ないんで叩きのめしてやろうと思ってます。(カード発表会見ではスタミナを課題に挙げていたが?)試合やってみないと分からないところはあるんですけど、前よりは全然(スタミナやフィジカル強化は)やってきてるんで。今回は相手の作戦の上を行ってやろうかなと思ってます。

(牧平は『この試合を楽しむ』と言っているが?)正直自分も緊張はないし、本当に楽しみな気持ちでしかないです。牧平選手は元王者で格上の選手なんで、自分がどれだけ出来るか。そういう気持ちがここ何日かで凄く出てきて、今は楽しみな気持ちでいっぱいです。(初防衛戦に臨むレオナに引っ張られるところはあった?)いつも新潟に走り込み合宿に行くんですけど、二人で一緒にいって全部メニューをやってきました。作戦もお互いに確認しあって、スパーリングもずっと続けてきました。兄ちゃんは平気だと思うんですけど、俺はちょっと相手が強いんでどうなるかは……分からないっす(苦笑)。

(兄弟揃って出た大会は2人ともKO勝ちをしているが?)僕が勝った試合はいつも計量会場がGSPで、KOで勝った試合は兄ちゃんと一緒に出ている時なんですよ。今回は計量会場がGSPで、兄ちゃんと一緒に出るので、そんなに甘くはないと思いますが、明日はKOで勝てると思います。

(2020年につながる一戦にどう臨む?)明日勝たないと何も言えないんですけど、来年はしっかり兄ちゃんを前座にできるぐらいにしたいです。ということはメインイベントを戦う=チャンピオンにならないといけないし、ここで負けてたら絶対チャンピオンにはなれないので、来年飛びたてるようにここはしっかり勝ちます。(ファンの皆さんにメッセージは?)明日は12月のお忙しい中で会場まで来てもらうんですけど、全試合を見ても絶対この試合が魅力的な試合だと思うんで。明日僕たち2人が戦って凄いものを見せられたらなと思ってます」

牧平圭太
「前回の試合から、色んな自分の中の迷いを全部ぶち壊してきました。(加藤に向けて)明日は勝負しよう!(カード発表会見で挙げていた課題は克服できた?)それよりもまず明日を楽しむだけかなと思ってます。(加藤の兄弟愛にどう立ち向かう?)こっちは(山本)直樹と広島愛で行こうと思ってます(笑)。

(2020年につながる一戦にどう臨む?)ずっと言ってますけど、僕はもう本当に色んな意味で楽しむだけです。(ファンの皆さんにメッセージは?)明日出る選手の中で誰よりも楽しもうと思ってます。その姿を見てください」

 

選手登録