2019.11.15

 11月15日(金)大阪・ハートンホール日本生命御堂筋ビル12F・マーガレットにて、11月16日(土)大阪・サンエイワーク住吉スポーツセンター(第1体育館)「K-1 KRUSH FIGHT.108」の前日記者会見が行われた。

 KRUSH初の大阪大会のメインイベントは王者・玖村将史vs挑戦者・林勇汰のK-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級タイトルマッチ。地元・堺市出身の王者・玖村は事前から圧倒しての防衛を語っていたが、前日となってもその姿勢を変えず。「何もさせずに圧勝。一方的にもう自分とはレベルが違うなとみんなが思うような試合をしたい」と宣言する。

 これに対して挑戦者の林は「僕はラッキーパンチでも延長戦でも何でもいいのでベルトを巻きたい」と泥臭く語り、K-1ライト級王者の兄・林健太に続くベルト戴冠を目指すとした。王者・玖村が故郷に錦を飾るのか? それとも林が下馬評を覆してベルト奪取を果たすのか?

玖村将史
「明日はいいコンディションで臨めそうなので。チャンピオンとして圧倒的に防衛します。(初防衛戦の心境は?)やっぱり地元の大阪なのでちゃんと盛り上げて、これからもKRUSH大阪大会が続いていくよう、KRUSHのチャンピオンの強さを見せたいので楽しみにしています。(戦前から圧勝をテーマに掲げていたが、具体的にはどんな試合をしたい?)何もさせずに圧勝・一方的にもうレベルが違うなっていうことをみんなが思うような試合をしたいです。

(地元・大阪での防衛戦になったが?)KRUSHのチャンピオンとして初の大阪大会のメインに選んでもらったことはすごい嬉しいと思っています。その期待以上の結果で答えたいなと思っています。(故郷の堺市はサンエイワーク住吉スポーツセンターからも近い場所だが?)もちろん楽しみな気持ちもありますけど、まさかこんな地元でKRUSHのメインをやらせてもらうことになるとは想像もつかなかったのですごいワクワクしています。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)明日は初の大阪KRUSHなのでみんながこれからもっと見たがるような試合をしていきたいと思うので。応援よろしくお願いします」

林勇汰
「計量もパスできて練習もやることやってきました。あとは明日倒すだけやと思ってます。頑張るので応援よろしくお願いします。

(初挑戦の緊張は?)初めてメインイベントで初めてのタイトルマッチで、初めてベルトを巻けると思っているので全力で頑張ります。(玖村の圧勝宣言に対して)僕はラッキーパンチでも延長でも何でもいいのでベルトを巻きたいです。

(明日はメインだが?)初めてのメインで初めてのタイトルマッチなので、さっきも言ったように初めてベルトも巻ける日だと思っているので、あとは明日最後に試合をしてベルトを巻くだけだと思っています。

 明日はKOでも判定でも絶対勝ってどっちにしろ面白い試合になると思うので、最後まで見て応援してください。よろしくお願いします」

 

選手登録