2019.11.09

 11月9日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.107」の一夜明け会見が行われた。

 昨夜のメインイベントで挑戦者として王者・晃貴とのタイトルマッチに臨んだ佐々木洵樹。持ち前のステップワークとソリッドなパンチでペースを握り、2Rには左ストレートでダウンも奪った。3Rにはインローで足を止められ距離を詰められる場面もあったが、長年培ってきたボディワークで有効打は与えず。判定3-0で勝利して悲願のベルトを腰に巻いた。

 一夜明け会見ではPOWER OF DREAM恒例の古川誠一会長の採点が「0点プラス朝練習」だったものの、試合後の長い反省会を経て今日の朝練は免れたことを明かした佐々木。試合については「本当に晃貴選手が強かったんで、強いチャンピオンに勝てて本当に今はほっとしてます。ベルトは本当に嬉しくて、寝ないで眺めてたぐらい嬉しかったです(笑)」と晃貴の強さを称えつつ、ボクシング時代から渇望していたベルトを手にした喜びを口にした。
 
 試合後のバックステージではK-1への想いも語り、改めて「今回形としてベルトを獲れたんでK-1でやりたい気持ちもあります。もちろんKRUSHでも試合が決まればやりたいです」とK-1進出とKRUSHでの王座防衛、どちらも視野に入れていきたいと今後の展望を語った。最後に佐々木は「もっと夢を与えたり、ちょっとでもカッコイイと思ってもらえるような選手になっていきたい」とKRUSHチャンピオンとしての理想像を掲げた。

佐々木洵樹
「初めに晃貴選手、対戦してくれてどうもありがとうございました。僕の前に会見をやった朝久(泰央)選手がけっこう笑いを取ってたんですけど、自分はあんまり面白いこと言えないんで…すいません(笑)。(試合を振り返っての感想と一夜明けた今の心境は?)本当に晃貴選手が強かったんで、強いチャンピオンに勝てて本当に今はほっとしてます。ベルトは本当に嬉しくて、寝ないで眺めてたぐらい嬉しかったです(笑)。

(古川会長からは0点プラス朝練という厳しい評価だったそうだが?)とりあえず昨日の反省会で夜遅くまでずっと話して、(朝練は)流石に今日はとりあえずなしで終われました(笑)。(具体的にはどんなところを駄目出しされた?)あげたら切りがないんですけど、自分で映像を見ても思ったんですけど、この先上に行くにあたって悪いとこばかり出てると言われました。(PODの仲間や周囲の方々からは試合後どんな声をかけられた?)周囲の方々は本当に喜んでくださって『本当に獲って良かったね』って言ってもらえました。まあPODの仲間は会長の言葉に『はい!』と言うだけなんで…特に何も言われてないです(笑)。

(持ち味も発揮した一方、同時に課題も見えた試合だった?)そうですね。3Rフルに動いてやろうとは決めてたんですけど、ああいう形になって、最後はスタミナ落ちたとファンの方たちにも言われて。あれでそう見えちゃうというのがやっぱり駄目ですね。3Rフルで動きまくって最後はもっと上がってくぐらいの練習をもっとやらないとなと思いました。

(さらに過酷な練習をやっていく?)そうですね。まあ継続してですけど、それプラスでやっていかないと。安堵感と喜びを感じたのは本当にベルトを獲った時だけでしたね。その後は会長の顔を見てすぐ引き締まりました。

(試合後に語っていたK-1への想い、そしてKRUSHチャンピオンとして目標は?)試合を終わった後も言ったんですけど、こうやってKRUSHのタイトルマッチを決めてもらった時点で、自分はK-1のことは言わないようにしてました。そういうことを言ってると足元をすくわれるんで。ただ今回は本当に形としてベルトを獲れたたんで、K-1でやりたい気持ちもあります。もちろんKRUSHでも試合が決まればやりたいです。やってみたい選手というのは具体的にはいないですけど、話をいただければ誰でもやりたいです。

(例えば53kgがベストだと発言していたサンベル・ババヤンなどは?)ババヤン選手も晃貴選手と試合をしてるのを見ていて、本当に好戦的なんで面白い試合にはなると思います。まあ決まったらやるしって感じです。

(ファンの皆さんにメッセージは?)本当にファイター全員にとってそうだと思うんですけど、こうやってきつい練習して、きつい減量して何でやるのかって聞かれると、自分のことのように喜んでくださるファンの方たち、応援してくださるファンの方たちがいるから頑張れるんだなって昨日本当に思いました。チャンピオンになりましたけど、もっと夢を与えたりちょっとでもカッコイイと思ってもらえるような選手になっていきたいと思いますので今後も応援よろしくお願いします」