2019.11.06

 11月6日(水)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、12月15日(日)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.109」の第二弾対戦カードが発表された。

 バンタム級では藤田和希vs峯大樹の新鋭対決が決定した。藤田はこれまでプレリミナリーファイトで活躍し、今回が本戦初出場。対する峯は関西を中心にキャリアを積み、KRUSH初参戦にして本戦デビューとなる。

 峯はKRUSH初参戦に「ベルトを獲れるように頑張ります」と意気込み。藤田の印象を「パンチがうまくて速い」と語ったが、自身もパンチが得意であり「しっかり倒せるところを見てほしい」と言う。

 パンチには自信を持つ藤田も「スピードとアグレッシブな姿を見てほしい」。本戦デビューで「よりレベルの高い試合を」と気合い充分だ。

峯大樹
「小さい時から憧れだったKRUSHのリングに立てて、とてもうれしいです。いい勝ち方してインパクトを残して、みなさんに覚えてもらうように頑張ります。(藤田は)パンチがうまくて速いという印象があります。(KRUSH初参戦)みなさんに覚えてもらえるように、いい勝ち方をしないとダメだなって思ってます。(観客にアピールしたいところは?)一番軽い階級なんですけど、しっかり倒せるところを見てほしいです。パンチが得意なので、パンチで倒すところを見てほしいです。今回しっかり勝って、KRUSHのベルトを獲れるように頑張ります。今回、初参戦で本戦出させてもらってめっちゃうれしいんですけど、うれしいだけで終わらず、いい勝ち方するんで応援よろしくお願いします」

藤田和希
「バンタム級らしい最速で緊張感のある試合をしたいと思います。(本戦初出場で)よりレベルの高い試合を見せられたらなと思います。(観客にアピールしたいところは?)スピードと、アグレッシブな姿を見てほしいです。蹴りも得意ですが、パンチを見てほしいです。今の目標は一戦一戦、必ず勝つことです。KRUSHにふさわしい試合するんで、応援よろしく願いします」