2019.10.14

 10月14日(月・祝)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.106」の一夜明け会見が行われた。

 今年行われた初代クルーザー級王座決定トーナメントに出場した植村真弥と工藤勇樹による一戦は、植村が右フックでダウンを奪っての判定勝利。過去に敗れている工藤にリベンジを果たした。

 ユーモラスな風貌でありながら、抜群のハンドスピードで繰り出すパンチを得意にする植村だが「たまたま当たってくれたんでよかった」と静かに、そして謙虚に試合を振り返った。

植村真弥
「(試合の感想を聞かれて)……………勝ててよかったです。(対戦相手は)上手な人なので前に行って、それしか自分には戦い方がないんですけど、それがたまたま当たってくれたんでよかったです。

(過去に敗れた相手にリベンジして成長を感じた?)勝てたことで昔の僕よりちょっとは強くなったんじゃないかなと思って、自分の中で成長があったかなっていうのはありました。(少しずつ人気も出てきたが?)人気とかはあんまり考えていなくて、結果を残したいなと思っています。

(パンチのハンドスピードは意識している?)特にはしてないですね。KOで勝つとかもあんまり考えていなくて、本当に勝つことだけしか考えていないです。(今後の目標は?)戦いたい相手もいないんで、もらった仕事をちゃんと勝って結果に繋げればいいと思っています。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)試合中に僕を応援してくれる人の声が多くなっているのがリングの上で聞いていて分かったので、正直嬉しいですね。だからもっと結果に繋げたいと思っています。よろしくお願いします」

 

選手登録