2019.10.03

 10月2日(水)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、11月8日(金)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.107」の第2弾対戦カードが発表された。

 6月にKHAOSで行われたワンデートーナメント「Money in the KHAOS ROYAL」ではベスト4まで勝ち進み、9月のKRUSH後楽園で初回KOを上げたばかりの関川和将が登場。KRUSHの常連ファイターながら、現在3連敗中とあとがない東本央貴に挑む。

関川和将
「今回とびっきり格上の選手とやらせてもらう機会を頂いて本当にありがたいです。自分が浮上するきっかけにする大事な試合になると思うので、ここでしっかり番狂わせを起こして、そこを意識してしっかり頑張っていきたいと思います。

(東本の印象は?)僕がジムに入る前から活躍している選手なので、本当にやらせてもらえるのが光栄です。僕がどこまでやれるか分からないですけど、楽しめたら嬉しいなと思うので、しっかり準備して最終的に楽しんで勝てればと思います。

(どんな試合をしたい?)まだまだキックボクシング、僕自身には足らないところがいっぱいあるので、空手の技に頼りすぎないで、基礎からずっと勉強しているキックボクシングの技も出しつつ、どこかで空手の技も出して1発決められればと思っています。

(試合を楽しむとは?)自分が練習してきたこともそうですし、あとは心の底から出し切ることですかね。今回格上の選手に挑戦するにあたって、しっかり準備していい勝ち方をしたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

東本央貴
「今回、格上とかそういうのは関係ないので、しっかり楽しんで試合をしようと思います。(関川の印象は?)後輩が試合をやっていて、自分もセコンドについてるんですけど、今日会見で顔と名前が一致した感じです。メッチャ褒めてくれるんですけとそういうのは関係ないので、試合でしっかり結果を残したいなと思っています。試合は自分との戦いだと思っているので、普段練習していることを出して勝てたらいいですね。

(連敗の原因は?)自分が思っていることと体が一致していない状態で、それを今改善するためにやっています。自分は全然それを跳ねのけるくらいの力はあると思うので、楽しみにしていてもらったらいいと思います。

(試合を楽しむとは?)試合中笑ってる人が多いと思いますが、自分は自然に笑って戦えたらいいかなと思っています。今なかなか勝ててなくて負けてるんですけど、自分は今までのことを跳ね返せるぐらいの力を持ってると思うので、それを見てもらえたらいいですね。楽しみにしていてください」