2019.09.01

 9月1日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.104」の一夜明け会見が行われた。

 デビュー戦で魅せた空手仕込の足技に加え、この試合では佐野純平から右のパンチで2度ダウンを奪ってKO勝利した中島千博。空手の蹴りとPOWER OF DREAMのパンチのテクニックを融合させた戦いを展開し、KRUSHファイターの進化を見せた。しかしPOWER OF DREAM古川誠一会長の採点はまさかのマイナス10点で「次の試合ではもっと良い点数を取る」と古川会長へのリベンジ?も目標に掲げた。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/mKUpGicPvLA

中島千博
「昨日は佐野選手と戦って、佐野選手はとても気持ちが強くてガンガン前に来て、僕もやりづらかったんですが、とても良い経験ができたなと思っています。ありがとうございました。よく(古川)会長から試合前には『試合はゲームだ。練習でやってきたことを出したり相手との駆け引きをやるのが試合だ』と言われているのですが、昨日は試合に勝ちはできたんですが僕があまり練習したことを出せなかったので、会長からマイナス10点と言われてしまいました(苦笑)。次の試合ではしっかりもっと良い点数をいただけるように頑張りたいと思います。

(具体的にどういうところを駄目出しされた?)具体的にはちょっと言いづらいのですが、練習でも攻撃はできるのですが、ディフェンスの部分がまだまだです。今回もパンチをもらってあざになったし、ディフェンスの部分で言われました。(POWER OF DREAMの独特のステップワークなども足りないと言われた?)そういうことにしておきます(笑)。

(空手の蹴りとパンチの融合が上手くいっているという実感は?)そうですね。試合でも空手の蹴りを出せて、パンチもまだまだチャンピオンの方に比べたら全然ですが、少しづつ自分でもできてきているのかなと思っています。ですがもっとパンチと蹴りを攻防一体で出せるように。今はパンチだけ・蹴りだけになっちゃっているので、そこをもっとミックスできたらなと思っています。

(個人的に戦ってみたい相手は?)目指すところはチャンピオンの方々たちなので、早くその人たちのところにいけるように頑張ります。(ファンの皆さんへメッセージは?)まだまだどんどん強くなっていきますので、これからも応援よろしくPOWER OF DREAMの中島千博を注目して応援よろしくお願いします」