2019.09.01

 9月1日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.104」の一夜明け会見が行われた。

 今年3月の「K'FESTA.2」で玖村修平に勝利するものの、右拳の負傷で試合から遠ざかっていた金子晃大。5カ月振りの復帰戦では林勇汰を左ジャブと左ミドルで寄せつけない新たな引き出しを見せて完封勝利したものの、金子自身は「みんなが納得するような試合ではなかった」。昨日の試合に納得行っていない様子で言葉を続け「1つ1つしっかり勝っていかないと駄目」と厳しい自己評価を下し「もっとしっかり相手を倒せるようなものを身につける」と更なる成長を誓った。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/mKUpGicPvLA

金子晃大
「昨日の試合は蹴りを意識して、蹴っていれば倒れるかなって思ってたんすけど、倒れなかったです。(昨日は左ジャブ・左ミドルを多用していたが?)今までけっこう右のパンチに頼ってたというか右ばっかり打っていたところがあったんで、左手と左の蹴りを使って効かそうって感じでした。(右の拳自体は不安はない?)そうっすね。不安はなかったですけど、やっぱり右を全然打ち込んでなかったんで、しっかり強く打てるかは不安ではありました。

(試合後には「1つ1つ勝ってタイトルマッチに近づけるように」と発言していたが、K-1とKRUSHどちらのベルトが欲しい?)どっちもっすね。まあでも昨日の試合だったらみんなが納得するような試合ではないなって自分でも思ったんで、1つ1つしっかり勝っていかないと駄目です。(11月のKRUSH大阪大会でスーパー・バンタム級王者 玖村将史の初防衛戦が決まっているが?)まあ機会があれば…っていうか、話があれば、ですね。

(今後の目標は?)もっとしっかり相手を倒せるようなものを身につけて、また試合をしたいと思います。(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日はちょっと微妙な試合だったんで、またしっかり盛り上げる試合をできるように頑張ります」