2019.09.01

 9月1日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.104」の一夜明け会見が行われた。

 1Rは松岡翔大の強烈な左ミドルの集中砲火を受け、ヒザ蹴りのラッシュを浴びてダウンを喫した瑠久。KO負けのピンチを迎えたものの、2Rに入ると距離を詰めてのパンチで反撃に転じ、2度のダウンを奪い返して逆転のKO勝利を収めた。一夜明け会見で瑠久は松岡の強さを称えつつ「先に倒されてから倒し返すことができて、自分にも自信が持てたし、成長できた」と自身の成長も実感し「この前のK-1大阪大会で下剋上マッチみたいな試合があって、自分もあれを見て火が点いた。次は自分も下剋上マッチをやりたい」とトップ選手に宣戦布告する。

 また横浜生まれ・横浜育ち・横浜在住の瑠久は「自分はずっと横浜アリーナの近くで育ってきたんで、地元の横浜大会には絶対出たい」と改めて12月に行われるK-1横浜アリーナ大会への出場を熱望した。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/mKUpGicPvLA

瑠久
「結果的にKO勝ちでKRUSHの会場も盛り上げることができて、自分自身それが嬉しくて満足してます。(試合前は松岡のことを全く知らないと言っていたが?)知らないって言ったんですけど、実はめちゃくちゃ調べて(笑)。過去の実績も自分よりはるかに凄いし、今までの勝ち方とかも勝った試合は全部KOで。僕もちっちゃい頃から格闘技をやっていて、強い選手は見れば分かるし、記者会見で松岡選手と会った時に『この選手は強い選手だな』って分かりました。だから全然ナメていったわけじゃなくて、本当に格上だと思ってチャレンジャーとして試合に臨みました。

(逆転KOできた要因は?)1Rはけっこう作戦を立てていて、自分はいつも足を使ったりするんですけど、相手がそこの対策をしてくるだろうと思っていたんで、自分は1Rから圧力をかけてミドルにインローを合わせることを頭に入れてやってきました。いきなりパンチからいくと蹴りを合わせられていただろうし、インローで返していこうと思ったんですけど、想像以上に左ミドルが重くて。一発ボディに入って、そこで効いちゃって…相手もそれに気付いて詰めてきて、コーナーでダウンを獲られちゃいました。まあでも1Rは何とか防いで、パンチも効いてなかったんで気持ちもそこで立て直して。2Rは1Rの間合いだとやられちゃうんで圧力をかけて前に出ていこうと思って、3パターンぐらい自分の中で戦うスタイルを用意してましたね。

(今回の逆転KO勝ちで1つ上のレベルに行けるという実感は?)そうですね。1回ダウンで倒されてから倒し返すことができて、凄い自分にも自信が持てたし、自分としてはけっこう成長できたんじゃないかなと思います。今までの自分だったら1回目のダウンで、それこそ『K'FESTA.2』の時の記憶がフラッシュバックしたりしてたんですけど、ここで終わったら変わらないなと思って戦いました。気持ちの部分も成長した姿をみんなに見せられたと思います。

(試合後はK-1横浜大会出場と共に『下克上する』とアピールしていたが?)まだ自分から相手を指名するほどの位置じゃないんですけど、この間の大阪大会で下克上がテーマのスーパーファイトを見て、かなり自分も火が点きました。俺も横浜大会で下克上マッチやりたいと思いましたね。(改めて横浜大会に対する想いは?)自分は横浜で育って、横浜アリーナなんてちっちゃい頃から近くで遊んでいた場所です。自分が通っていた空手の道場も横浜アリーナの斜め前だったし、ずっと横浜アリーナの近くで育ってきたんで、横浜大会には絶対出たいと思ってます。しかもこんな時期にチャンスをもらったんで、今回の試合は本当にかけていました。

(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日は本当に応援ありがとうございました。たくさんの声援が本当に自分のパワーになります。そして対戦してくれた松岡選手にも凄い感謝してます。これからもっと上に上がって、横浜大会もあると思って明日から準備していきたいと思います」