2019.08.30

 8月30日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、8月31日(土)後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.104」の前日計量・会見が行われた。

 スーパー・フェザー級のワンマッチで対戦する朝久泰央と横山朋哉。スーパー・フェザー級のトップ戦線で活躍する朝久に、K-1 JAPAN GROUPで4戦4勝と無敗の横山が挑む構図の一戦だ。

 会見では横山が「思う存分暴れて最高の試合ができるように仕上げてきたんで楽しみで仕方ない」と充実ぶりを伺わせる挨拶。インタビューで朝久が「横山選手が勝った相手なら僕も全員勝てる」と発言したことに対して「自分が戦ってきた相手のことも色々言ってるんで、僕はその相手の分まで勝たなきゃいけない。明日は絶対勝ちます」と闘志を燃やした。

 対する朝久は「朝久流空手は見ているだけじゃ伝わらない攻撃の威力やスピードがある。明日、横山選手は朝久空手の本当の強さを思い知ることになる」と予告し「横山選手はKO率が高いけど僕は倒される気もないし、打ち合っても勝てると思っている。どんな局面でも圧倒して勝ちます」と全局面での圧勝を宣言した。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/rBAtl-mHvVw

横山朋哉
「とりあえず計量が成功してほっとしてます。明日は思う存分暴れて最高の試合ができるように仕上げてきたんで楽しみで仕方ないです。(対戦相手の印象は?)調子良いんだなって感じですね。(朝久の『どんな局面でも圧倒して勝つ』というコメントを聞いて)まあ明日やれば分かるんじゃないかなと思います。あとは自分が今まで戦ってきた相手には全員勝てるみたいな、自分が戦ってきた相手のことも色々言ってるんで、僕はその戦ってくれた相手の分まで勝たなきゃいけないと思います。明日は絶対勝ちます。

(朝久の視線をどう感じている?)いや~、よく見てくるなと思って(苦笑)。あとは良い目をしてるんじゃないかと思って、明日が本当楽しみですね(今回の試合に向けてどんなことを考えながら練習してきた?)本当に自分との戦いだなと思うんで、気持ちを高めて、追い込みでも折れない気持ちを持ってやってきました。それが明日出れば自然と勝ちにつながるんじゃないかなと思ってます。(ファンの皆さんにメッセージは?)明日は確実に盛り上がる試合になると思うんで楽しみにしててくれたらいいなと思ってます」

朝久泰央
「計量クリアは選手として当たり前だと思ってるので特にこれといった感じはないですけど、計量とか減量に付き合ってくれた館長とか兄ちゃんとか家族みんなにありがとうと伝えたいと思います。調子はばっちりです。(対戦相手の印象は?)横山選手から言われた通り調子良いです。印象は金髪が似合ってるなって感じです(笑)。

(最近は自分のスタイルでKOできるようになりたいという思いがある?)そうですね。やっぱり倒すことがあまりできてないんで、倒すことを意識してやっていこうとは思ってます。朝久流空手は見ているだけじゃ伝わらない威力やスピードだったり、戦ってみたら横山選手が朝久空手の本当の強さを思い知ることになると思います。(横山選手のようなKO率の高い選手に対して思うところは?)KO率が高くて凄いなとは思ってます。でも僕は倒される気もないですし、逆に打ち合っても勝てるんじゃないかと思ってるんで、どんな局面でも圧倒して僕が勝ちます。

(相手を凝視していたが何を観察している?)相手の目を見れば狙ってる技とか考えていることが分かるんで目を見てました。(今回の試合に向けてどんなことを考えながら練習してきた?)僕はいつも自分自身の動きを高めることを意識して練習してるので特に横山選手対策は何もしてないですね。ただ横山選手は僕の蹴りに対してパンチを合わせる対策をしてるんだなというのは目を見て分かりました(笑)。(ファンの皆さんにメッセージは?)程よく良い感じにおちょくってくれてるのか挑発してくれてるのか分からないですけど、より気持ちが高まってきました。明日が楽しみです。明日勝つのは俺です」