2019.08.19

 8月19日(月)東京・K-1ジム五反田にて、8月31日(土)東京・後楽園ホールで開催される「K-1 KRUSH FIGHT.104」の[K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で挑戦者・左右田泰臣と対戦する王者・鈴木勇人が公開練習を行った。

 この日の公開練習ではパンチのコンビネーションと前蹴りのみのミット打ちを行い、得意の左ミドルは封印した鈴木。左右田に手の内を見せない作戦かと思いきや「別にそういうわけじゃなくて、最近追い込みでめちゃめちゃ蹴ってて疲労がやばかったんでちょっと1回休みたいま、と。試合までには最高に仕上げます」とハードな追い込みによって疲労がかなり溜まっている様子。「追い込みはかなり充実してますね。2カ月前ぐらいからずっと追い込んでるんで、本当にいつ試合しても大丈夫ってぐらい良い感じです」と過去最高の自分を作りあげている。

 今年1月の「Krush.97」で松下大紀を左ミドルでKOしてベルトを手に入れた鈴木だが、その試合で眼窩底骨折の怪我を負い、今回の試合まで半年以上のブランクを作ってしまった。

「今まで3カ月~4カ月以上、試合が空いたことがなかったと思うんで、半年以上も試合から離れるのは初めてです。やっぱりこれだけ試合が空いちゃうと、この期間はもどかしさがあって。選手は試合をしないと価値が生まれないと思ってるんで。そういう意味では焦りだったり、色々フラストレーションが溜まったところもありました」

☆公開練習動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/5CCAdysec1c

 鈴木がリングを離れている間にK-1では不可思の参戦や王者交代などスーパー・ライト級で大きな動きがあった。それについては「僕もそのクラスの選手たちに挑戦したいと前から思っていました。KRUSHのベルトを獲ったんで、そのクラスの選手に挑戦する権利じゃないですけど、自分にはそれがあると思うので、これからはトップ戦線戦に食い込んでいきたいと思ってます」と防衛戦をクリアして、K-1のトップ戦線に食い込んでいきたいと話す。

 その初防衛戦の相手はK-1旗揚げ戦からトップ戦線で戦い続けている左右田で、鈴木にとっては燃える相手が用意された。
「防衛戦で左右田選手を迎え撃つ立場になるのは意外でした。今のK-1が旗揚げした当初、自分は映像を見られる環境にいなくて、雑誌でしか試合を見ることが出来なかったんですね。だからあの頃から戦っているファイターは特別というか、あまり現実的じゃないというか…。その時は芸能人みたいな感覚で見てたんですけど、今はそれも変わって同じ土俵に立てるようになって、今は特別に大きく見てることもありません。自分自身でも全然やっていける実力がついてると思うんで、今は当時とは心境が変わりましたね。

 この試合は自分がトップ戦線に食い込めるかどうかの指標になると思うんで、自分自身でも楽しみではあります。自分は与えられた相手と戦ってしっかりクリアしていくのが大事だと思っていて、格上の選手を当てられたということは、自分はそこにも通用すると思われているということ。そういう期待にしっかり応えたいですね」

☆公開練習動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/5CCAdysec1c

 左右田のファイターとして印象については「率直に強いと思いますね。ただ『自分とやったらどうなるんだろう?』と前から思っていて、やってみないと分からないところが大きいと思うんですけど、全然自分は通用すると思っています。それをリングで証明したいです」と気後れは一切ない。

 またタフ・打たれ強さでも知られる左右田に対して「すごく丈夫な身体だなという印象があるんですけど、言っちゃえば自分も丈夫な身体をしてるんで。そういう意味ではあまりフィジカル負けない自信があるし、不安に思ってないですね」とフィジカル勝負になっても自信を見せる鈴木。

「ただ相手のペースに飲まれてしまったら状況は変わると思うんで、いかに自分のペースを崩さずに貫けるかが鍵だと思ってます。それを今は意識してます」と経験豊富な挑戦者にペースを乱されないことが勝負のキーポイントだと見ている。

「どういう距離で戦ってくるか。色々と自分も想定しながら練習してるんですけど、もし距離を潰されたとしても、その距離でも自分は戦える自信があるんで。どの展開・距離になっても自分は負けない自信があるし、戦えると思ってます。(左右田はヒザ蹴りも上手いが?)確かに左右田選手はヒザ蹴りが上手いですけど、結局ヒザ蹴りが何で効いちゃうかというと、もらい方とだと思うんで。その辺は日頃から練習していて、ヒザ蹴りで効かされることは自分はあんまりないです。だからそこも問題ないし、逆に自分がヒザ蹴りで効かせられたらなと思ってますね」

☆公開練習動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/5CCAdysec1c

 会見では「本当にトップの選手と試合をするのが自分は初めて」と語っていた鈴木だが、その難敵を相手にすることで自分自身のリミッターを外せるという予感もある。

「(自分の限界を超えられるようなワクワク感がある?)ありますね。正直今まで自分が戦ってきた選手とは訳が違うと思うんで。今までは勝って当たり前みたいなスタンスを自分の中で貫いていたので、別に勝って特別な感情生まれませんでした。でもここからが自分は本当にスタートだと思ってるんで。このクラスに自分が通用するのか、通用しないで普通に負けてしまうのか。そこもすごく楽しみですね」

 さらに鈴木は「自分にとってこの試合はゴールというよりスタート。もちろん挑戦ではあるんですけど、自分の目指しているところは全然もっと上」と言い切る。

「自分にとってこの試合はゴールというよりスタート。もちろん挑戦ではあるんですけど、自分の目指しているところは全然もっと上でう。ここで負けてたら見ている人も『結局、鈴木はこの程度の選手だったんだな』で終っちゃうと思う。自分もこれからトップ選手に通用するかの勝負だと思ってるんで、そういう意味では挑戦でもありますけどスタートだと思ってます。

(勝ちに拘る? それともKOに拘る?)毎試合そうなんですけど一番は試合を楽しむことっすね。やってきたことを出せれば全然自分は勝てると思ってるんで、やっぱり試合を楽しむことが自分の中の一番のテーマですね。試合を楽しめれば結果もついてくると思っています。今までKOした試合は倒そうと倒そうと思って倒したことは1度もなくて、気づいたら結果的に相手が倒れてたという戦い方です。勝ちにこだわるや倒そうではなくて、試合を楽しむ、自分の試合をすることが自分の中でのいつもテーマですね」

 最後に「みんなは自分が左右田選手にどこまで通用するのかを楽しみにしてると思うんですけど、自分は全然勝つ自信があります。応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った鈴木。過去最強と認めるチャンレジャーからベルトを守り、更なる頂点へ向けてスタートすることができるか?