2019.07.17

 7月17日(水)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、8月31日(土)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.104」の第2弾対戦カード発表会見が行われた。

 兄弟ファイターとしてK-1・KRUSH、果ては中国のリングまで沸かせる朝久兄弟の弟・泰央が今大会に参戦。対戦相手はこちらも兄弟でK-1 JAPAN GROUPで活躍している横山兄弟の弟・朋哉に決定した。朝久は5月のKRUSHで山本直樹に判定勝利、横山は3月のKrushで齋藤祐斗にKO勝ちしてK-1 JAPAN GROUPでは無傷の4連勝を飾っている。

 会見では「朝久選手は強いなって印象があるんですけど、ここを乗り越えなければ上に行けない。必ず倒して勝ちます」と“朝久越え”を誓う横山に対し、朝久は「今回の僕は本当にボコボコにする気持ちでやってます」と圧勝での返り討ちを宣言した。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/VYEWvwKF_PU

横山朋哉
「今回試合が決まって朝久選手は強いなって印象があるんですけど、ここを乗り越えなければ上に行けないので必ず倒して勝ちます。(対戦相手の印象は?)スタミナも切れなくて常に打撃が出てるんで、上手い選手だなって印象がありますね。

(兄弟の弟同士の対決というのは意識している?)特に意識はしてないですけど、前から朝久選手の試合は見ていました。色んな強い選手とやってるんで、ここを勝ったらおいしいなって意識はしてましたね。(この試合に勝てばベルトにも前進すると思うが?)僕はベルトに向けて頑張ってるんで、ここは落とすわけにはいかないし、朝久選手と打ち合いたいんで、打ち合って勝ちたいなって感じですね。

(ファンの皆さんへメッセージは?)この試合は間違いなく盛り上がると思うので皆さん会場で応援してくれたら嬉しいです。これからあと1カ月ちょいぐらいあるんで、ガンガン仕上げて必ず勝ちたいので応援よろしくお願いします」

朝久泰央
「まず試合が決まって嬉しいのと、会見と試合でぶっこめるのが楽しみだったんでとにかく嬉しいという気持ちで一杯です。(対戦相手の印象は?)横山兄弟は自分が格闘技ファンとして見ていてもとても好きな選手で、若くて強くてカッコイイという印象です。カッコイイんで今回もまたイケメン対決だと思ってます(笑)。

(兄弟の弟同士の対決というのは意識している?)兄弟としては特に意識してなかったですね。横山選手は強い選手なんで僕も楽しみですが、そう簡単に喰われるわけにはいかないんで僕が一方的に勝ちます。

(この試合に勝てばベルトにも前進すると思うが?)僕の試合の時によく『これ勝ったらタイトルに近づく』と言われるんですけど、なかなかタイトルに近づく気配がなくて、ちょっとそこはどうかなって思ってるんですけど(苦笑)……まあそんな中で僕は1試合1試合組まれた相手を全員ボコボコにして全員倒していこうと思っています。そんな感じで気合が入ってます。

(ファンの皆さんへメッセージは?)普通ならここで横山選手に頑張ってチョンマゲぐらい言おうと思ってたんですけど、今回の僕はチョンマゲレベルじゃなくて本当にボコボコにする気持ちでやります」

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/VYEWvwKF_PU