2019.04.07

 4月19日(金)東京・後楽園ホールで開催される「K-1 KRUSH FIGHT.100」の[K-1 KRUSH FIGHTウェルター級/3分3R・延長1R]で松岡力と対戦する牧平圭太のインタビューを公開!

──前回の試合(※昨年11月に渡邊俊樹に勝利)を終えてからは、どんなことを意識してトレーニングをされていましたか?

「前回は本当にあれしようこれしようと、色々新しいことをしようとしすぎて、自分の悪いところが全部出た感じでした。今はそこを一つ一つ徹底して、できることをやってる感じですね」

──今の練習の手応えはいかがですか?

「良い感じに変わってるかなと思うんで、そこをしっかり本番で出せるように、試合までの2カ月徹底してやりたいと思います」

──以前の取材でお話されていましたが、今は牧平選手の下でもアマチュアでやっている選手が増えてきて環境も変わったと思います。そういう面での練習はいかがですか?

「自分は頭がよくないんで言われたことをすぐには出来ないんですけど(苦笑)、人に教えることによってアウトプットすることもできてきてるのかなって思います。まあ良い刺激になりますよ」

──今大会では松岡力選手との対戦が決まりました。松岡選手にはどんな印象を持っていますか?

「上手い選手ですね。ホンマに何でもできる選手やなって思ってます。松岡選手も渡邊選手とやっていて、自分が渡邊選手とやる時にその試合を見て『ええ戦いするな』って思ってました。まぁ勢いに乗せんように、自分が踏ん張って戦おうかなと思ってます」

──会見でも「KRUSHは若いやつらがどんどん活躍しよるけど、ウェルター級だけはもうちょっと待っとけ」とコメントされていましたが、キャリアを重ねた選手として意地とプライドはありますか?

「そうですね。自分ももうどこまでできるか分からないですけど、名前を出させてもらうと木村“フィリップ”ミノル選手に挑むのは、次は自分かなと思ってます」

──やはりKRUSHのベルトだったり、もう1度タイトルを獲ることへの拘りは変わらずですか?

「変わらないです。しつこいぐらいで良いかなって思います」

──そういった意味でも、一戦一戦がタイトルにつなげるための重要な試合になると思います。しっかり内容や結果で見せて、ベルトに近づきたいという気持ちですか?

「そうですね。ちょっと最近はギリギリで勝ったりとかで、僕を応援してくれる人からも『叫びすぎて声が枯れたわ!』と言われちゃうんで。声が枯れないような良い試合をして挑戦できればと思います」

──しかも今回はお子さんが生まれてすぐというタイミングでの試合になると聞きました。2019年はどんなスタートを切りたいですか?

「名前が変わって最初の大会『K-1 KRUSH FIGHT.100』に出ることになってKRUSHに縁があるなって思うし、春に子供が生まれるっていうのも、自分は何か持ってるのかなって思ってるんで楽しみですね。またKRUSHのベルトを目指して戦っていきます」

 

選手登録