2019.04.04

 4月19日(金)東京・後楽園ホールで開催される「K-1 KRUSH FIGHT.100」の[K-1 KRUSH FIGHTウェルター級/3分3R・延長1R]で牧平圭太と対戦する松岡力のインタビューを公開!

──昨年12月の野杁正明戦は早い段階で試合が終わってしまいましたが、試合のことは覚えていますか?

「向かい合って少しごちゃごちゃってやったのは覚えてるんですけど、倒されたパンチとかは全く覚えてないですね。不完全燃焼で終わっちゃいましたね。試合後はどこも痛くなかったし、試合した感じもなくて(苦笑)。だからダメージが抜けたらすぐに練習に復帰しました」

──改めて映像を見直して、どこが良くなかったと感じましたか?

「野杁くんは見ていて分からないぐらいのフェイントをかけてきて、それが本当に細かいんですよ。それにまんまとハマっちゃいましたね。例えばローそのものも重いわけじゃないけど、カットできないタイミングで蹴って来たり、上下の散らしとフェイントが上手かったり。野杁くんの上手さは感じましたね」

──野杁戦を経て、今はどんなことを考えながら練習していますか?

「まあ格闘技って、ああやって一瞬で終わっちゃうスポーツなんで。アレもたまたま野杁くんが僕にパンチを当てただけだし、逆に僕が当てる可能性もあるし。だから反省点はありましたけど、そんなに(野杁戦に)深くとらわれて練習はしてないですね。自分のスタイルは変えないで、僕のスタイルを貫こうと思います」

──今大会では牧平圭太選手との対戦が決まりました。牧平選手にはどんな印象を持っていますか?

「正直(牧平の)試合を見たことがなくて、試合が決まってから初めて見たんですよ。まあバランスの取れた良い選手だと思います。やっぱりチャンピオンになるっていうのは、何か抜きん出てるところがあるんで」

――牧平選手と言えば蹴りですが、牧平選手の蹴りについてはいかがでしょうか?

「2試合ぐらいしか見てないんですけど、本当にローキックが中心でみんなローを効かされてますよね。試合までにスクワットをやりまくって足を鍛えます(笑)」

──蹴りに関しては松岡選手も自信があるところだと思いますが、蹴り合いになっても自分の方が上だという感じですか?

「そうですね。映像を見ても負けるイメージは全く沸かなかったんで。僕の方が蹴り勝つと思います」

──現在、同門の木村"フィリップ"ミノル選手がKRUSHのベルトを持っているので、すぐに松岡選手が挑戦することはないと思います。どこを目標に戦っていこうと思っていますか?

「僕ももう26歳でそんなに若くないし、選手生命もそんなに長くないと思ってるんで。ミノルくんをK-1に追いやって(笑)、僕がKRUSHのチャンピオンになりたいです」

──すぐにチャンスは巡ってこないかもしれませんが、年内にはベルトが獲りたいですか?

「はい。僕も格闘技をやってけっこう長い年月経ってますけど、プロでは何も功績を残せてないんですよね。そろそろ選手生命の終盤なんでタイトルが欲しいです」

──今年に入ってチームキングスは好調で、チャンピオンが続々と生まれています。ジムの雰囲気はいかがですか?

「どうなんですかね?みんなやってることはそんなに変わってないんで。チャンピオンになっても、僕は(鈴木)勇人さんボコボコにしますし(笑)。別にチャンピオンがどうとかはないですけど、やっぱりチャンピオンになれる人間は何かを持ってると思うので、早くチャンピオンになりたいですね」

──色んなファンの皆さんが楽しみにしている注目のカードだと思いますが、どんな試合を見せたいですか?

「この前は不甲斐ない結果ですぐ倒れちゃったんで、今回は3Rまで行ってもファンが喜ぶ試合ができると思ってます。もちろん倒しに行きますけど、絶対倒されないんで、今回は期待してください」