2019.03.31

 3月31日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.99」の一夜明け会見が行われた。

 本戦第1試合に出場した斗麗(とうま)は16歳と思えぬ完成度の高い試合運びで、安達元貴から2度のダウンを奪った後、試合終了1秒前にKO勝ち。ポテンシャルの高さを見せつけると、8月のK-1大阪大会出場を熱望した。

斗麗
「昨日は京都から、AbemaTVから応援してくださったみなさま、ありがとうございます。無事勝ててよかったです。試合の感想は最後の1秒でKOできたところが僕の中では一番嬉しかったです。

 対戦相手の安達選手はめっちゃ気持ちが強くて打たれ強くて、やってて倒れへんしゾンビかなと思って、試合中は困ってました。でも最後倒れてくれたのでよかったです。(相手より)上回ったのは基本的に顔ですね(笑)。顔は試合やる前から分かっていたので、それだけは負けへんかなと思って。それだけですね、はい。(最後のKrushで満足いく試合ができた?)だいぶ満足でしょ? 面白かったでしょ? やってる本人はしんどかったですけど満足しました。

 今後の目標は昨日の試合で両拳折れたので、カルシウムいっぱい摂って、いっぱい試合できるように頑張るので、8月のK-1大阪大会に出たいです。(両拳は)ホンマに折れました。最後のフックで『うわ!折れた!』と思いました。(戦いたい選手は?)あんまり選手のこと知らないんで、誰が強いとか。みんなが見たい試合だったら全然やるんで、大阪大会で是非それをやらせてください。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)僕はまだ全然強くないし、自分で強いとも思ってないので、これからもっと強くなっていくんで応援お願いします」

 

選手登録