2019.03.31

 3月31日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.99」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第6試合で瓦田脩二から1Rに左フックで三度ダウンを奪って会心のKO勝利を収めた川﨑真一朗。一夜明け会見では勝負を決めた左フックについて「瓦田選手の過去の試合の動画をひたすら見て(瓦田が)出てきた瞬間に左フックを合わせようと思っていた。特に右を打つ時に顎が出てくるんで、そこはもう狙ってました」と試合前の発言の通り、相手を研究し尽くした上で狙い澄ました攻撃だったことを明かした。

 想定通りかつ会心のKO勝利にも見えた一戦だが川﨑は「昨日の試合に満足はしてません。ワンパンで終わらせれるようにめちゃめちゃ練習しとったんで、そこはちょっと悔しいです」と反省の弁。「次はワンパンで終わらせたいし、会場を爆発させるような試合をしたい」とファンにメッセージを送った。

川﨑真一朗
「昨日の試合は1RKO出来て良かったと思います。狙っていた左フックで倒せたんで、また次回もしっかり作戦を立てて、それが実行出来ればなと思います(対戦相手の印象は?)もうずっと動画で何回も見てたんで、そのままですね。(狙っていたという左フックで倒せた要因は?)瓦田選手の過去の試合の動画をひたすら見てたんで、そこしかないと思って。(瓦田が)出てきた瞬間に左フックを合わせようとずっと思っていました。特に瓦田選手は右を打つ時に顎が出てくるんで、そこはもう狙っていました。(試合後には大沢文也から対戦要求があり、それに応えるマイクアピールがあったが?)大沢選手が強いというのもあるんですけど、27歳で同い年で凄いスター性もあってちょっと憧れてる部分もあります。その選手から試合が終わった後に『俺とやろう!』なんて話しかけられて凄い嬉しかったです。

(最後のKrushで満足する戦いは出来た?)いや、満足はしていません。できればあそこはワンパンで終わらせたかったです。ワンパンで終わらせれるようにめちゃめちゃ練習しとったんで、そこはちょっと悔しいですね。次はワンパンで倒せるようにしたいと思います(今後の目標は?)目標は多分みんな一緒やと思いますけど、やっぱりK-1のベルトを巻くことです。(ファンに向けてメッセージは?)ファンの皆さん、いつも応援してくれる皆さん、昨日は応援ありがとうございました。この試合に向けて本当に気合入れて練習してきて、途中で心が折れそうになったこともあったんですけど、皆さんの励ましのメッセージとかをいただいて凄い元気づけられました。次の試合でも会場爆発させれるような試合が出来るように備えたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」