2019.02.17

 2月17日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.98」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第3試合でKrushデビュー戦を果たした元プロボクサーの佐々木洵樹。林勇汰との一戦では蹴りも積極的に使いながら、ボクシング仕込みのステップとボディワークで林を翻弄して勝利で飾った。

 一夜明け会見で「(POWER OF DREAM・古川誠一)会長にも『今日はボクサーじゃなくて、しっかりキックボクサーとしてやれ』と言われたんで、序盤から蹴っていけたのは良かったかなと思います」とKrushデビュー戦を振り返った佐々木。

 キックボクサーとしての再出発を勝利で飾り「もちろんベルトを獲りたいです。自分的には減量もそこまできつくないんで、古川会長と相談しながら53kg(バンタム級)も視野に入れて、53kgでも55kg(スーパー・バンタム級)でもチャンスがあれば頑張りたいです」と、バンタム級とスーパー・バンタム級の双方を視野に入れてKrushのベルトを狙いたいと語った。

佐々木洵樹
「まずはじめに対戦してくれた林選手に感謝したいと思います。どうもありがとうございました。試合内容としては、自分は元ボクサーという肩書があるんですけど、古川会長にも『今日はボクサーじゃなくて、しっかりキックボクサーとしてやれ』と言われていて、序盤から蹴っていけたのは良かったかなと思います。あとは勝てたってことだけ…とりあえず良かったかなって思います。

(林選手と戦った印象は?)映像を見た通り、かなりタフな相手でした。試合をしていて自分のパンチが当たっても、中々効いた素振りも見せなかったです。(個人的には何点ぐらいの試合だった?)自分的には半分以上は合格点あげれるかなと思ったんですけど、古川会長からは『20点か30点。何やってんだ』と言われて、帰ってから反省会をずっとやりました(苦笑)。

(ボクシングでは8回戦も経験しているが、キックボクシングでの3Rは長く感じた? それとも短く感じた?)長く感じたというのはなかったですけど、やっぱりキックがある分かなりハードでした。スパーリングをやってる時点でボクシングよりハードだと思っていて、今日も全身筋肉痛で、やっぱり違うんだなというのを改めて思いました。

(今後の目標や戦ってみたい選手は?)目標としてはもちろんベルトを獲りたいです。自分的には減量もそこまできつくないんで、古川会長と相談しながら53kg(バンタム級)も視野に入れて、53kgでも55kgでも、やれる階級でチャンスがあれば頑張りたいです。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)やっぱりボクサーという肩書きがあって、外から見たら余所者が来たと思われるかもしれませんが、自分的にはこれからキックボクサーとしてKrush、K-1を盛り上げて行きたいという気持ちがかなり強いので、少しずつでも認めていただけたら嬉しいです。そういう試合をしていきたいです」