2019.02.17

 2月17日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.98」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第4試合でTETSUはフェザー級の実力者・佐野天馬と対戦。スイッチを駆使したヒット&アウェーの攻撃で佐野に反撃の機会を与えず、番狂わせと言ってもいい判定勝利を収めた。

 一夜明け会見でTETSUは「憧れていた」という佐野との試合を振り返り「昨日は試合でこんなに楽しいと思えたのは初めてだったというぐらい楽しくて、リングの上でとてもウキウキして、今までにない感覚でとても楽しかったです。勝った瞬間は今まで生きてきた中で、こんなに嬉しいことがあるのかってぐらい嬉しかったです」と満面の笑み。

 キャリアで大きく上回る相手をくだす大金星だったが「僕の中で自分はまだまだ子供だと思ってるんで(※2000年生まれの18歳)、これから色んな選手と戦って成長して、ちゃんとしたキックボクサーになりたい」と謙虚な姿勢で今後の目標を語った。

TETSU
「昨日は応援していただいた皆さん、ありがとうございました。昨日は試合でこんなに楽しいと思えたのは初めてだったというぐらい楽しくて、リングの上でとてもウキウキして、今までにない感覚でとても楽しかったです。(楽しかったのは、憧れの選手と戦えたことが大きかった?)やっぱりKrushを初めて見た時から佐野選手は試合をしていて、一度ファミレスで見た時に『あっ!佐野選手がおる!』と思うような、そういう選手でした(笑)。そんな佐野選手と戦えたことがとても光栄です。

(憧れの選手に勝った瞬間の心境は?)今まで生きてきた中で、こんなに嬉しいことがあるのかってぐらい嬉しかったです。(手数で圧倒するという作戦は試合前から考えていた?)佐野選手の強いところは、ローキックとヒザ蹴りが怖いんで、それだけはなるべくもらわないように、打ったら周ってとか、ローキックがきたら返したりとか、色々対策は立ててもらいました。

(今後の目標は?)今後はもっと有名になって、これから色んな選手と戦って成長して、ちゃんとしたファイターになりたいというか。僕の中ではまだまだ子供だと思ってるんで、これからもっと試合をしていって、成長していけたらなと思ってます。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)昨日はありがとうございました。僕がファンやった時にメッセージを送ったりして、それに選手がTwitterで『いいね』を押したりしてくれたのがめちゃめちゃ嬉しかったんで、僕もそういうのを返していけたらなと思っています。皆さんの身近な存在になれたらなと思ってます。ありがとうございます」