2019.02.17

 2月17日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.98」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第8試合で朝久泰央と対戦したレオナ・ペタス。1Rに右ストレートからパンチの連打をまとめてダウンを奪い、スーパー・フェザー級実力者対決を制した。

 一夜明け会見でレオナは「昨日の試合は、僕が『マットに沈める』とずっと言ってたんですけど、朝久選手が凄い気持ちが強くて、僕が倒したかなと思う攻撃を何発も入れても、全然倒れなくて。気持ちがめちゃめちゃ強かったなと思いました」と最後まで食らいついてきた朝久を称え「朝久選手のリベンジやベルトへの執念を凄く感じた。それも受け止めた上で僕が勝った。僕が挑戦者にふさわしいんじゃないかなって思います」と改めて我こそが次期挑戦者にふさわしいとアピールした。

レオナ・ペタス
「昨日の試合は僕が『マットに沈める』とずっと言ってたんですけど、朝久選手が凄い気持ちが強くて、僕が倒したかなと思う攻撃を何発も入れても、全然倒れなくて。気持ちがめちゃめちゃ強かったなって思いました。(2度目の対戦で朝久選手の成長は感じた?)朝久選手はやっぱり凄く体力があったなと感じるし、自分のリズムに持っていくのが上手いなって感じましたね。

(ダウンを奪ったシーンは試合前からイメージしていた?)朝久選手が独特のガードをするのは映像で見ていました。でも試合ではそこまで考えてなかったし、試合の時の自分の動きの方が大事かなと思ってるんで、直感でやったって感じですね(ヒザ蹴りも朝久選手の連打を止めるキーポイントになっていたが?)基本的に僕は人の試合を見て対策を立てるというのはなくて『この選手はこういう動きするんだな』ぐらいで流して見るんです。結局、対戦相手を見ても、自分が成長しなきゃ意味ないんで、自分の伸ばせるところを伸ばそうっていう考えです。だから自分がヒザ蹴りを武器にしているんで、日頃から練習してるんで出したって感じですね。

(会見では『誰がチャンピオンにふさわしいか分からせる試合する』と発言していたが、宣言通りのハイレベルの試合を見せられた?)そうですね。試合をしてみて、朝久選手のリベンジへの執念や、ベルトに対する執念を凄く感じました。それも受け止めた上で、僕が勝ってるんで、僕が挑戦者にふさわしいんじゃないかなって思いますね。(試合後のコメントでは『今年はベルトコレクターになりたい』と発言していたが?)あれはちょっと興奮し過ぎて言っちゃったんですけど(苦笑)、僕はKrushのベルトが一番欲しいんで、Krushのベルトを本当に獲りたいです。

(ファンに向けてメッセージは?)昨日は応援していただきありがとうございました。次の試合はタイトルマッチになるかどうか分からないですけど、それはタイミング次第だと思ってるし、次の試合はデビュー戦の選手からチャンピオンまで、僕に勝てると思ってる選手がいるんなら実力で分からせてやろうと思ってるんで、また応援よろしくお願いします」