2019.02.17

 2月17日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.98」の一夜明け会見が行われた。

 昨日のメインイベントとなった第6代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント・決勝戦で軍司泰斗と対戦した玖村将史。的確にカウンターの左フック、右ストレートをヒットさせるなど宣言通りパンチの攻防で軍司を上回り、Krush無敗のまま王座を奪取した。

 一夜明け会見では「向こうが蹴りを警戒しているのが分かって、1Rのインターバルの時に『パンチで行っても大丈夫だ』と思って、パンチで行く作戦に変えました。打ち合いの中でもしっかり見ながら倒す練習をしてきて、倒せはしなかったんですけど、良い経験になったかなと思います」とパンチの的確さで相手を上回ったことが勝因だったと明かす。

 試合後には兄・修平と共に涙を流していたが「何か夢を見ているような感じで、あんまり覚えなくて『ベルトを獲れたんやな…』って感じでした。この半年間、ずっとこのベルトのことだけ考えてやってきたので、やっと獲れたなって想いで、涙が出ちゃいました」とベルトを巻いた瞬間の心境を語り「自分を狙う強い選手がどんどん出てきて、ファンの人たちが『玖村とやったらどうなるんだろう?』とワクワクするような試合をしていきたい」と新チャンピオンとしての意気込みを語った。

玖村将史
「第6代Krushスーパー・バンタム級チャンピオンの玖村将史です。昨日は応援ありがとうございました。試合が終わって、とりあえず王座決定トーナメントを優勝できてほっとしてます。(軍司と戦っての印象は?)やっぱりパンチは強かったです。でもその中でもジムでしっかり対策してたんで、パンチが強いのは想定内で予想通りかなって感じでした。(蹴り主体の1Rから、2R以降はパンチ主体の戦い方になったが?)向こうが蹴りを警戒しているのが分かって、1Rのインターバルの時に『パンチで行っても大丈夫だ』と思って、パンチで行く作戦に変えました。

(試合前からお互いパンチがキーになると話していたが?)打ち合ってラッキーパンチが当たった方が勝ちという試合は嫌やったんで、打ち合いの中でもしっかり見ながら倒す練習をしていました。倒せはしなかったんですけど、良い経験になったかなと思います。(ラウンドの後半に印象付ける攻撃をしようと意識していた?)ラウンド後半に印象付けようとは思ってなかったんですけど、向こうもラウンドの始めはスタミナもあって元気やったんで、後半勝負しようという話はありました。その練習してたことが自然に出たかなって感じでした。

(試合後には兄弟揃って涙を流していたが、その時の心境は?)何か夢見ているような感じで、あんまり覚えないんですけど『ベルトを獲れたんやな…』って。この半年間、ずっとこのベルトのことだけ考えてやってきたので、やっと獲れたなって想いで、涙が出ちゃいました。(兄の修平選手とは試合後に何か言葉をかわした?)しゃべったんですけど、覚えてないです(笑)。(チャンピオンになって、周りからの反響は?)SNSとか連絡とかでもめっちゃ反響が大きくて、色んな人に『おめでとう』とメッセージをもらったり、友達からも連絡がたくさん来て『やっぱりチャンピオンは違うな』って改めて思いました。

(昨日もリング上で発言していたが、色んな選手から『玖村将史と戦いたい』と言われるようになるのが理想のチャンピオン像?)そうですね。同じ選手同士でずっとやってても盛り上がらないと思うんで。やっぱり強い選手が出てきて『その選手と玖村がやったらどうなるんだろう?』というような、ファンの人たちがワクワクする試合をしていかないといけないなと思っています。どんどん強い選手が出てきて欲しいと思ってます。

(バックステージでは武居由樹選手とやりたいと話していたが、今後の具体的な目標は?)やっぱりチャンピオンになったんで、Krushのチャンピオンとして、K-1のチャンピオンとやらないといけないと思っています。僕は次の6月大会(6.30K-1両国国技館大会)でも全然いいんで、お願いします(ファンのみなさんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。これからもっとチャンピオンとして圧倒的な存在になっていくんで、これからも応援よろしくお願いします」