2018.12.14

 12月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.96」の[プレリミナリーファイト第2試合/Krushスーパー・フェザー級/3分3R]で対戦する久保一馬と勇治のコメントを公開!

久保一馬
「今回は出稽古先でいただいたアドバイスをもとに、姿勢から矯正、相手が反応出来ない打ち方を意識して練習してきました。対戦相手はなかなかいい面構えをしているので楽しい打ち合いが出来そうです。相手は他団体のチャンピオンですが、Krushのリングの厳しさを自分が教えます。今回は足から潰して、最後は見えない右で破壊します。

(自分のどこをお客さんにアピールしたい?)筋肉のカット、肌の黒さと色ツヤ、見えない右です。(ファンのみなさんへのメッセージは?)去年の今頃はアマチュアで負けていた自分が今年はKrushで3戦、K-1にも出場させていただきました。思い続け、行動し続ければ世界を変えられるということを証明します」

勇治
「今回はパンチをどう当てていくか考えながら準備をしてきました。対戦相手は前に出て気持ちで押してくる印象です。その圧力に負けず自分の戦い方が出来るかがテーマです。思い切りぶつかって先にパンチを当てて勝ちます。ファンのみなさんには自分の全てを見てほしいです。12月16日はネクサスジム勇治を見ていてください!」

 

選手登録