2018.04.23

 4月23日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.87」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の本戦第1試合で竹内悠希をヒザ蹴りでKOした瓦田脩二。本戦デビュー戦となった試合をKOで飾ると同時にプロ戦績を4戦4勝(3KO)とした。一夜明け会見では昨夜の試合を振り返り「これから1戦1戦重ねていって、タイトルに絡んでいけるような試合を見せたい」と今後の目標を語った。

「昨日は応援ありがとうございました。前回の試合が倒せなくて終わってしまって後悔してたんで、今回の試合はこういう結果で終われて良かったです。試合前に(梶原)龍児さんが『お前は覚悟が違うから勝てるよ』と言ってくれて、それでリラックスして試合に入れたかなと思います。今回の試合でトップでやっていけるということを見せられたと思うんで、すぐにでもK-1でもKrushでもトップ戦線でチャンスをいただけたら応える自信はあるんでよろしくお願いします。

(今回の試合のために意識してきたことは?)練習のミットでも1つ1つに絶対に倒すぞと想いを込めて殴ってきました。本当に気持ちの面が大きいと思うんですけど、気持ちからやっぱり気付くことも多くて、色々技術も磨けてきたなと思います。(本戦初出場の感想は?)先程も言ったみたいに龍児さんがそうやって声をかけてくれたり、ペガサスのみんなが声をかけてくれたので落ち着いて試合に入ることができました。(試合後に梶原代表からは何と声をかけられた?)今まで3試合は全部怒られてきたんですけど、今回は珍しく説教がなくて良かったなと思います(笑)。

(ここまでプロ戦績無敗だが?)これからもそうですけど、全勝でというより、とにかく1試合1試合を全力で倒しにいくように心掛けていたから、今このような結果が出ています。これからも1戦1戦、全部勝つぞって思うより、与えれた試合をKOで勝つことだけを考えて頑張っていきたいです。

(戦ってみたい相手は?)戦いたい選手というより、ここにいる以上タイトルを獲ることしか考えてないんで。どんな相手でも仕留めてにいきます。同じ大会のメインイベントでゴンナパー・ウィラサクレックと佐々木大蔵選手の-63kg(※新表記ではライト級)タイトルマッチがあって凄いなと思ったんですけど、まあ自分も倒せるんじゃないかなっていうところも思えたんで。今の段階の自分の実力じゃまだ無理かもしれないですけど、これから1戦1戦重ねていって、タイトルに絡んでいけるような試合を見せれたらなと思います。

(ファンのみなさんにメッセージは?)自分は自分の戦い方で、1人1人応援している人の想いを背負ってリングに上がって、ガンガン上に上がっていくんで、これからも応援よろしくお願いします」

 K-1ジム総本部チームペガサスの新鋭・瓦田の無敗街道はどこまで続くか!?