2018.03.11

 3月11日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホールで開催された「Krush.86」の一夜明け会見が行われた。

 前日会見で「今回負けたら最後のつもりで戦う」と語り、昨日の第5試合で佐野天馬から判定勝ちを収めた芦澤竜誠。一夜明け会見では佐野戦を振り返りつつ「昨日みたいな気持ちで毎回試合に臨んで、今後もつまんねえ試合だとか、気持ちが折れた試合するんだったら、その時点で引退してやろうって思ってます」と今後も目の前の試合に全てを賭けていく意気込みを改めて示した。

 さらに芦澤は「あんなのがKrushのメインを張っていたらダメ」と技術戦になった-58kg王者・西京春馬vs挑戦者・村越優汰のタイトルマッチについて触れ、次なる標的として前Krush-58kg王者の小澤海斗を指名。「小澤海斗は偽物のキャラ、演じてる奴はいらない。あいつのこと一回も強いと思ったことない。俺と試合して話題性があるんだったらやってやろうかなと。本物と偽物の違いは試合をすれば絶対分かる。あの雑魚は俺が倒します」と過激な言葉を連発して挑発した。

「昨日は応援ありがとうございました。昨日勝つか負けるかで本当に天国と地獄の差だったんで、勝てて本当に嬉しいです。今後はやっぱりK-1でやりたい。もしフェザー級のトーナメントあるんだったら、俺が出た方が絶対に面白いと思ってるんでよろしくお願いします。

(試合前から引退覚悟という言葉やKREST勢に対する言葉もあったが?)引退覚悟は自分を追い詰めるのと、ファンや自分を応援してくれてる人たちに申し訳ないなと思って。最近負けた試合とかもチャラチャラ遊んでて全然練習してなくて、舐めてて負けたんで。KRESTのことを嫌いって言ってるのは、単純にKRESTの奴らがつまんねえだけ。別に嫌いじゃないけど、好きじゃないし、昨日はフェザー級のタイトルマッチ(西京vs村越)もありましたけど、つまんなかったすよね?

 接戦でレベルが高くてああなったのかもしれないですけど、俺は誰とやっても面白い試合するし、負けても勝っても絶対面白い試合する。だけどああいうつまんねえやつらが試合をやると、レベルが高いって逃げ道に走る。でも単純にあんなのがKrushのメイン張ってたら、俺は駄目だと思います。だったら中村広輝選手とFUMIYA選手はめっちゃ良い試合したんで、あの試合がメインを張れば良かったと思います。ただああいうやつらが試合で勝つから上に行っちゃうんで、俺はそういう選手を潰してかなきゃいけない。ちゃんとその役目を果たそうかなって思ってます。

(試合を振り返って)ローは全然効かないんですよね。もし効いたとしても、失神とかは別だけど、命賭けてやるって言ってるのにローが痛い、ボディが効いた、そんなんで倒れる選手だったら俺はいらないと思う。俺は死ぬ覚悟でやったんで、そんなんじゃ絶対倒れないですよ。(パンチの手応えは?)一発で倒すというより、何発も当ててダメージを奪って倒そうと思ってたんですけど、佐野選手も打たれ強くて中々倒せなくて。昨日の試合でまた課題が出来たんで(梶原)龍児さんと話して、もっともっと強くなって、昨日みたいな気持ちで毎回試合に臨みます。

 今後もつまんねえ試合だとか、気持ちが折れた試合するんだったら、その時点で引退してやろうって思っているんで。自分の納得いく負けだったら全然良いんですけど。自分の納得のいかない負けだったら、俺は今後それでおしまいにしようと思ってるんで、その気でいてください。

(次の具体的な目標は?)やっぱ今はK-1・Krush・KHAOSでK-1が一番上にあるからK-1です。俺は世界一になりたいってだけで上京してきたので、Krushでタイトルマッチをやるよりも面白い、皆に話題性のある試合をしたい。あと俺が前からSNSで、今回勝ったら宣戦布告したいやつがいるって言ってたんですけど、その相手が小澤海斗です。俺は前からあいつが気に入らないんですよ。偽物のキャラはいらないっていうか、演じてる奴はいらない。

 俺は格闘技はリアルでいきたいから、ああやって演じてる奴は薄っぺらいんでボロが出ますよ。試合とかすれば絶対分かると思うんですけど、あいつのこと一回も強いと思ったことない。ただ人気はあるし、俺と試合して話題性があるんだったらやってやろうかなと思います。本物と偽物の違いが試合をすれば絶対分かると思います。記者会見でも本物と偽物の違いが分かると思うんで。あの雑魚は絶対俺が倒します。

(ファンへのメッセージは?)これからもしっかり昨日みたいな気持ちで毎試合臨んで、見ている人の心に残るような試合をします。俺は記録じゃなくて記憶に残す選手になるんで、また応援よろしくお願いします」
 西京vs村越に噛みつき、小澤を偽物とこき下ろした芦澤。今後、芦澤がどんなファイターと絡むことになっても、危険度MAXの試合になること間違いなしだ。