2017.09.09

 9月9日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.80」の一夜明け会見が行われた。

 昨日のメインイベントで第2代-53kg王座決定戦で隆聖と対戦した軍司泰斗。隆聖から合計3度のダウンを奪って勝利し、見事に新王座に就いた。ベルトと共に会見に出席した軍司は「前日会見でも話した通り、1RKOを狙っていたんですけど(梶原)龍児さんからは『勝ちにこだわれ!』と言われていて、結果的にベルトを獲ることができてよかったです」と一夜明けた心境を話した。

「チャンピオンになることが出来てうれしいです。チャンピオンになったからにはすごい試合をしないといけないと思っています。隆聖選手は前回の試合でハイキックで倒していたんで、自分もハイキックを練習していたんですけど、ダウンをとれなくて悔しいです。

 試合中、ボディを打った時にボディが弱いのかなと思ってボディを攻めたら(ボディが)弱かったのでヒザ蹴りでいきました。1Rに2回ダウンを取って、2Rの最初にもダウンを取ったんで、そのまま倒したかったんですけど、隆聖選手は根性がすごかったです。倒せなかったことが悔しいです」

 K-1ジム総本部チームペガサス勢として初めてプロのベルトを巻くことになった軍司。K-1アマチュアBクラス優勝→Aクラス優勝→K-1甲子園優勝→Krush王座獲得と、まさに今のK-1を体現するチャンピオンとなり「ジムとしてもこれからどんどん僕に続いてほしいなと思います」。

「Krush.81」10.1(日)後楽園では先輩の郷州征宜がKrush-60kg王座挑戦を控えており「今回試合前から(郷州に)『負けたら終わりだよ』とプレッシャーをかけられていたので(笑)、僕がベルトを獲ってプレッシャーをかけておきます」と軍司なりの言葉で郷州にエールを送った。

 また試合後のマイクでは「東京都板橋区から来ました軍司泰斗です」と“足立区から来た”を常套句にしている武居由樹を意識した言葉であいさつ。当初、軍司は武居とKrush-53kgタイトルマッチで対戦する予定だったが、武居の階級転向による王座返上で対戦する機会がなかった。武居との対戦を熱望する軍司は一夜明け会見でも「僕は55kgでも試合が出来るし、武居選手と戦いたい」と語る。

 会見に同席した宮田充K-1プロデューサーも「武居選手も軍司選手も若いチャンピオンなので近い将来必ずどこかで戦うことになると思うし、どのタイミングになるかを考えたいです」と武居vs軍司の可能性について言及。

 さらに「K-1アマチュアからK-1甲子園を経て、Krushのチャンピオンになったという意味でも軍司選手には夢が広がります。しっかり取るべき試合を取ってチャンピオンになって、これから色んなファイターが挑戦に名乗り出てくると思うので、守る軍司選手にも注目しています」と新王者としての軍司に期待を寄せた。第2代Krush-53kg王者・軍司の今後の活躍に注目だ!

 

選手登録