2017.09.09

 9月9日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.80」の一夜明け会見が行われた。

 約2年ぶりに膝の怪我から復帰し、小鉄との再戦に勝利した山内佑太郎。「まずは勝ててホッとしています。思っていた通りに動けなかったですけど、たくさんの方の応援があって戦うことが出来ました。一晩明けて一人では戦えないなと思いました」と周囲への感謝を述べたあと、小鉄との一戦を振り返った。

「今練習をやっていて、パワーやスピードは年齢に関係して衰えると思いますが、僕はデビュー当初からそこを売りにしていたわけじゃありません。相手にとって嫌なことをする・いやらしく戦うことを心掛けてやってきました。

 ただ昨日も『ここだ!』と思うことが何度もあったのですが、そこで思った通りに身体が動かなかったです。ポイントは見えていたのに動かない場面が多かったです。やはり練習と試合は違うし、思った通りにはいかないなって思って、逆に格闘技は難しくて面白いなと思いました。

(小鉄の再戦について)小鉄選手にとってはリベンジマッチで、倒しに来る気迫を感じました。でも僕も色んな相手と試合を経験もしているし、落ち着いて相手の動きが見えて早く対応できたかなと思います。そこが勝因につながったと思います」

 復帰戦を勝利で終えた山内は「いつ引退してもおかしくないということが頭にある」としながらも「Krushで戦っている以上、チャンピオンのことはずっと頭にあります」とKrush-70kg王者ジョーダン・ピケオーへの挑戦をアピールした。

「30半ばくらいからは『いつ引退してもおかしくない』ということが頭にあるし、精いっぱいやって限界が来たら引退というのは常々あります。でもその時はまだ来ていないと思っていて、もしかしらそれが昨日の試合だったかもしれないし、次の試合かもしれないし、5年後かもしれません。

 でもKrushで戦っている以上、Krushのチャンピオンになることはずっと頭にあります。今、日本人無敗のピケオーがチャンピオンで、今すぐにとは言えませんが、必ずピケオーに挑戦してベルトを巻いて、みなさんにチャンピオンになる姿を見せたいと思います。僕は賞味期限がいつ終わるか分からないですが、宮田(充プロデューサー)さんよろしくお願いしますという気持ちです」

 この山内のアピールを受け、会見に同席した宮田プロデューサーも「山内選手にとって昨日の試合がちょうど50戦目、来年1月で40歳です。本日のアピールを受けて即答はできませんが、一発勝負でピケオー選手にチャレンジすることはファンのみなさんに期待を持ってもらえると思うので前向きに考えたいと思う」と前向きなコメント。

 山内も「昨日の試合でまだまだ課題も見つかって、課題があるということは強くなる・成長できるということだと思います」と闘志は衰えることなく「改めて昨日は応援の力で勝つことができました。感謝しかありません。これからも頑張るので応援よろしくお願いします」と更なる飛躍を誓った。

 

選手登録