2017.07.17

 7月17日(月・祝)東京・ベルサール九段にて「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」の一夜明け会見が行われた。

 Krushの“特別大会”として開催された昨日の「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」。Krushと中国の格闘技イベント「GLORY OF HEROES」(以下、GOH)による対抗戦は、中国代表が4勝2敗で日本代表に勝ち越す結果に終わった。会見には中国代表6選手に続いて、日本代表6選手が出席し、昨夜の大会を振り返ると共に今後の日本との対抗戦についても語った。

里見柚己
「昨日の感想なんですけどワン選手は身体もめちゃくちゃ強くて本物の選手だなと思いました。完敗してしまって応援してくれた方には申し訳ないですけど、すぐに練習を再開したいと思うので、応援よろしくお願いします。(中国人ファイターの印象は?)身体のフィジカルが日本人と全然違って、パンチの硬さが印象的でした。(中国での対抗戦出場について)今誰よりもジュングァンと再戦したい気持ちがあります。こういう試合をしちゃったので、次は乗り込んで再戦して必ず勝ちたいと思っています」

佐野天馬
「昨日はありがとうございました。勝ててホッとしています。試合中に気づくことが多くてまだまだ強くなれるなと思いました。これからも頑張ります。(中国人ファイターの印象は?)やる前から分かっていたんですけどパンチが硬くて強かったです。(中国での対抗戦出場について)僕は日本で試合がしたいです(笑)」

瑠輝也
「たくさんの応援ありがとうございました。昨日の試合は毎日作戦を立てて、毎日ドン・ザーチーの試合映像を見て、やってきたことがすべて当てはまって、あの結果になったと思います。(飛びヒザ蹴りは狙っていた?)はい。ザーチーはパンチがめちゃくちゃ強くて、8試合くらい映像を見たんですけど、試合が進むとどんどん勢いが増してくる選手です。前半は自分も勢いがあるし、攻撃力もあると思うので、お腹を効かせて意識を散らして飛びヒザ蹴りで倒そうと思っていました。

(今後は?)Krush-63kgのベルトが欲しいと言っていたんですけど、ウェイ・ルイのライバルと言われているザーチーを1RKOしたので、ウェイ・ルイと戦いたい気持ちが増しました。ウェイ・ルイを倒したいです。(中国での対抗戦出場について)去年3回中国に行って、中国でめちゃくちゃ試合をしてるんですけど、今回の勝利で中国での評価も上がったと思うので、これからは世界的にも有名になりたいです。中国にも乗り込みたいです」

渡部太基
「日本とKrushを背負って戦って敗れてしまったんですけど、すごくいい経験になりました。やっていて楽しくて、久しぶりにやりきったと言える試合だったと思います。(中国人ファイターの印象は?)気持ちも強くて身体もタフで強かったです。(中国での対抗戦出場について)いつでもどこでも誰ともでやります」

小宮由紀博
「昨日はありがとうございました。試合中にすごくいい蹴りをもらってしまってました。本当にいい勉強になりました。(ジェンリャンの印象は?)向かい合って強さを感じました。間の取り方や距離感は頭のいい選手だと思いました。バックハンドや中国武術の技を使ってくると思っていましたが、バックキックは軌道を変えて必要以上に伸びてきました。自分ではガードしたつもりだったのですが、かかとが後頭部に入ったような形になって効いてしまいました。(中国での対抗戦出場について)機会とタイミングが合えばやりたいと思います」

卜部弘嵩
「本当に悔しい気持ちでいっぱいです。ファンのみなさんの顔や応援してくれている顔を見て、さらに悔しい気持ちがこみ上げてきます………本当に悔しいです。(中国人ファイターの印象は?)大きく感じましたね。(連敗が続いているが)ファイターは戦うことでしか表現できないので。悔しい気持ちはあるし、色んな人をがっかりさせた気持ちもあるので、そういう気持ちも試合でしか挽回できないと思います。だから立ち止まることなく、僕がやってきたことは間違いないと思うので、今すぐにでも試合がしたいです。試合ですべてを取り返したいです。試合することでしか今の気持ちを表現できないですね。(中国での対抗戦出場について)呼ばれればやります」