「KHAOS.10」4.4(土)新宿FACE K-1選抜・目黒翔大「前回の対抗戦以上に盛り上がる試合をしたい」vs格闘代理戦争・古宮晴「見ている人に夢や希望を与えられるような活躍をする」

2020.02.25

 2月25日(火)新宿区・GSPメディアセンターにて記者会見が行われ、4月4日(土)新宿FACE「KHAOS.10」の大会概要・全対戦カードが発表された。

 今大会では「KHAOS.9」に続き、AbemaTV「格闘代理戦争」卒業生たちが一挙にプロデビュー。K-1選抜と“7対7 全面対抗戦”で対戦することが決まった。今回のK-1選抜は全選手がK-1アマチュア、K-1カレッジ、K-1甲子園の優勝者で構成され、それぞれの道でプロになったファイターたちが激突する形となる。

 大将戦では目黒翔大(優弥道場)と古宮晴(昇龍會/SKR連合) が対戦。古宮は「格闘代理戦争」で史上初の3タテを達成。難聴のハンデがありながらリングに上がり続け、念願のプロデビューを今回果たすことに。

 対する目黒は、第7回K-1アマチュア全日本大会のAクラスの-60kg優勝者。プロでは二戦を経験。前々回の「格闘代理戦争」にも出場し、「KHAOS.9」でプロデビューを果たした。今回はK-1アマチュアの全日本チャンピオンとして、「格闘代理戦争との」対抗戦に出場することに。

 古宮は今回の「格闘代理戦争」でMVPに選出。目黒も「K-1 AWARDS 2018」のアマチュア部門でのMVPを獲得していることもあり、この一戦は“MVP対決”として、今大会のメインにマッチメイクされた。

古宮晴
「このような舞台でプロデビューさせてもらうことに感謝しています。ありがとうございます。プロデビュー戦でメインをやらせてもらうんですけど、大将としてしっかり勝って締めたいなと思っています。押忍。(「格闘代理戦争」の4thシーズンとFINAL WARの対抗戦という側面もあるが、それぞれのシーズンをどのように見ていた?)目黒選手はFINAL WARの前のシーズンで準優勝したんですけど、観ていて巧くてきれいな選手だなと思っていたので、試合できることがとてもうれしいです。

(アピールポイントは?)カウンターだと思っています。しっかり距離を離して、自分の距離に入れずにカウンターで倒したいなと思います。(大将戦になるが、自分のところまでに何勝何敗でつなげてほしい?)3勝3敗で、大将戦でケリをつけたいなと思ってます。(ファンにメッセージを)この試合でしっかり応援してくださるみんなに、夢や希望を与えられるような活躍をしたいなと思っているので、応援よろしくお願いします」

目黒翔大
「今回、こういう対抗戦のメインに選んでいただいたこと、すごく光栄に思ってます。メインという大会の最後ということで、しっかり勝って、自分も締めたいなと思います。(「格闘代理戦争」の4thシーズンとFINAL WARの対抗戦という側面もあるが、それぞれのシーズンをどのように見ていた?)自分もFINAL WARを見させてもらって、古宮選手は史上初の3人抜き。そして、試合を観ていてスタミナもあってタフで、根性もすごいあると思うので、おもしろい試合になるかなと思ってます。

(代理戦争とプロの先輩として、古宮に言いたいことは?)自分もそれこそ「格闘代理戦争」の前のシーズンを戦って、プロデビューして。そのとき、自分は負けたんですけど、すごく悔しくて。そこからいろいろ見つめ直して、またイチからがんばっていったんで。当日はお互い、しっかり全部出し切って、それこそ前回の橋本実生選手と松本日向選手のような盛り上がり以上の試合をしたいなと思っています。

(古宮の「格闘代理戦争」での主役級の活躍に悔しさはなかった?)やっぱり、ものすごくありましたね。自分は前回のシーズン、初戦がバッティングで試合がなくなって。決勝も最後の最後で負けて、すごく悔しい思いをしたので。今回、やってやるぞっていう気持ちがすごく強いです。(アピールポイントは?)距離感も自信持ってますし。だけど、距離感だけじゃなく一発だったり、そういうのをどんどん磨いてるんで、そういうところも注目してほしいなと思います。

(大将戦になるが、自分のところまでに何勝何敗でつなげてほしい?)自分は3勝3敗で来たほうが、盛り上がるかなと思うので。大将戦で決着をつける、それが一番盛り上がるかなって思ってます。(ファンにメッセージを)いつも支えてくれているみなさん、本当にありがとうございます。みなさんの応援やサポートがあって、自分はいい環境で練習ができています。感謝の気持ちを忘れず、しっかり、残り一ヶ月ちょっと、やっていきたいなと思っています。メインをしっかり盛り上げて勝ちたいなと思います。応援よろしくお願いいたします」