「KHAOS.10」4.4(土)新宿FACE K-1選抜・梨緒弥「KO勝ちして会場をブチ上げたい」vs格闘代理戦争・大関敬真「『格闘代理戦争』で培った経験を活かして勝つ」

2020.02.25

 2月25日(火)新宿区・GSPメディアセンターにて記者会見が行われ、4月4日(土)新宿FACE「KHAOS.10」の大会概要・全対戦カードが発表された。

 今大会では「KHAOS.9」に続き、AbemaTV「格闘代理戦争」卒業生たちが一挙にプロデビュー。K-1選抜と“7対7 全面対抗戦”で対戦することが決まった。今回のK-1選抜は全選手がK-1アマチュア、K-1カレッジ、K-1甲子園の優勝者で構成され、それぞれの道でプロになったファイターたちが激突する形となる。

 三将戦では梨緒弥(若獅子会館 MATSUBARA) vs大関敬真(BOXING-WORKS水龍會/ゲーオーズ)が対戦。大関は「格闘代理戦争」ではゲーオズの一員として出場。リング上の戦いのほか、優勝賞金で婚約指輪を買うといったエピソードもクローズアップされ、今回の「格闘代理戦争」でも注目を集めたファイターだ。

 対する梨緒弥は「K-1カレッジ2019」の-65kgの優勝者。K-1グループ参戦前にもプロとして経験を積み、昨年11月のKrush大阪大会では吉川涼にKO勝ちし、ここまでのプロ戦績は5戦4勝1敗。互いにアグレッシブなファイトスタイルで、熱い試合に期待が集まる。

大関敬真
「デビュー戦にも関わらずこのような場を設けていただき、ありがとうございます。デビュー戦では「格闘代理戦争」で培った経験を活かして勝ちたいと思います。よろしくお願いします。(対戦相手の印象は?)とてもパワーがあって、自分とは噛み合うんじゃないかなと思います。5戦4勝といい戦績で、その相手と当たれるのは自分も期待されてるんじゃないかなと思うので。しっかり倒して勝ちたいと思います。

(格闘代理戦争で培った経験を活かすということだが、ウィラサクレックジムで学んだものは特殊なものはあった?)タイ人の独特な戦う気持ち、根性を学びました。(自分のアピールポイントは?)やっぱり一発で倒す力を持ってるんで。しっかりと一発で仕留めたいと思います。(前回の大会が盛り上がった中、この試合もバチバチの試合が期待されるが、どんな決着を見せたい?)やっぱり、みなさんが見たいのはKO決着だと思うので、そのKOを自分がして勝ちたいと思います。

(メッセージ)応援してくださってるみなさん、いつもありがとうございます。応援がいつもすごい力になるので、次のデビュー戦もよろしくお願いいたします」

梨緒弥
「この前の11月からちょっと空いたんですけど、早く試合が決まってほしくてウズウズしていて。この試合も迫力が残る試合をして、次また呼んでもらえるようにがんばります。押忍。(対戦相手の印象は?)パンチと蹴り、そこまで上手じゃないなと思ったんですけど、一発一発、重みのあるパンチと蹴りで僕と似ているので。噛み合うんじゃないかなと思います。

(「格闘代理戦争」の大関選手で、試合以外に印象に残ってることは?)いや、ないです。(デビュー戦の相手を務めることについては?)いやもう、プロで試合するんで、デビュー戦とか関係ないと思ってます。(自分のアピールポイントは?)僕もパンチやったら、ストレートと右フックなら倒せる自信あるんで。言っちゃいましたけど(笑)、それを狙っていきたいです。

(前回の大会が盛り上がった中、この試合もバチバチの試合が期待されるが、どんな決着を見せたい?)KOを見たいと思うので、KOをして会場をブチ上げたいと思ってますね。(メッセージ)KOします、がんばります」