大岩翔大、船上パーティーの次はK-1・Krushに殴り込みだ!「西京春馬選手に必ずリベンジする。K-1・Krushで名前を売っていく」

2017.07.09

 7月9日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「KHAOS.3」の一夜明け会見が行われ、【Money in the KHAOS】優勝者の大岩翔大が出席した。

 観衆720名・超満員札止めとなった大会で、優勝者ファイトマネー総取りワンデートーナメント【Money in the KHAOS】を見事に制した大岩翔大。

 トーナメント準決勝では他団体でも実績を残す小倉尚也とのタフファイトに競り勝ち、決勝では森坂陸に延長ラウンドにダウンを奪って勝利をもぎとり、優勝とファイトマネー総取りを成し遂げた。またアグレッシブな戦いぶりからAbemaTVから贈呈されるMVP・ベストバウト賞のボーナスもダブルで獲得。まさにKHAOSのリングに興奮と金の雨を降らせたと言っていいだろう。

 一夜明け会見で大岩は「試合映像を見直したんですけど、練習通りに動けていなくて、内容的にはまだまだだったと思います。でもたくさんお金をもらえたんでよかったかなと思います」と挨拶し、昨夜の激闘を振り返った。

「準決勝で対戦した小倉選手は他団体から来た選手で、自分も他団体から(Krushに)来て最初の試合で初黒星をつけられました。それから自分もKHAOSで戦うようになって、小倉選手にもこの団体の厳しさを教えたかったし、絶対に負けられないという想いで戦いました。

 決勝の森坂戦でダウンを取った場面は覚えています。森坂選手の顎にパンチが入ったのも分かりました。ただダウンを取っても立ってくると思って、倒しきってやろうと思って戦ったら試合終了のゴングが鳴ったという感じです。

 トーナメントに出た選手は技術だけで言ったら、みんな僕よりも上手いと思います。でもちょっとした気持ちの差で勝てたと思います。

 昨日のトーナメントは一日2試合で身体的に相当しんどいと思っていました。でもK-1のワンデートーナメントはさらにもう1試合あって一日3試合です。それで優勝してチャンピオンになった武尊選手や武居由樹選手は相当根性があるんだろうなと思いました。

 僕は地方から出て来て試合をしていますが、地方の選手でものし上がれるんだよということを示したかったです。そうすれば他の地方の選手も頑張ろうと思うし、自信にもなると思います。昨日の優勝で地方の選手を勇気づけられたかなと思います」

【Money in the KHAOS】参戦発表会見で「ファイトマネーを総取りしたら船上パーティーをやりたい」と宣言していた大岩だが「実はトーナメントで優勝する前からうちのスタッフが東京で船を予約していて(笑)、昨日は絶対に負けられねえなって思って戦った」とのこと。

 試合後は多くの人たちから祝福と船上パーティー参加の申し出があり「めちゃくちゃ連絡が来て、まだ対応しきれていないです。基本的には応援してくれた人たちとクルーザーを借りて盛大にやりたいです」と笑顔を見せた。

 会見に同席したK-1宮田充プロデューサーは「昨日の大岩くんの試合は最高だったと思います。AbemaTVの関係者の方が評価してくれたのもそうですし、最後の試合(大岩vs森坂)があれだけ盛り上がったことがうれしかったです。KHAOSは一回一回のイベントを成功させないといけないし、そこで昨日は大岩くんが立派に主役になって、ファンを熱くさせてくれました」と大岩の戦いぶりを絶賛。

「どういう相手とマッチメークするのがふさわしいか考えていきたい」としたうえで「どんどんいい舞台を用意したい」と続けた。

 大岩自身は試合直後のインタビューで「K-1・Krushのトップ選手に喧嘩を売りたい」とK-1・Krushへの殴り込みを宣言し「初黒星をつけられた西京春馬選手にリベンジしたい」とコメント。この日の会見でも改めて「これからK-1でもKrushでもKHAOSでも自分の名前を売っていく」と“成り上がり”をアピールした。

「僕はKHAOSの旗揚げ戦の第一試合から出ていて、昨日はKOできなかったことが心残りです。K-1のリングは相手を倒してこその大会だと思っているので。これからKrushでもK-1でも戦いたいし、もちろんKHAOSでも戦いたいです。そして初黒星をつけられた西京選手にリベンジしたいと思っています。

(西京へのリベンジについて)6月のK-1で西京選手と小澤海斗選手がやっているのを見て、ああいう風な流れになると思ったら、その通りの流れになって、西京選手がポイントアウトして勝ちました。でも俺はあの試合を見ていて『これはK-1に相応しくないでしょ?』と思いました。

 確かに西京選手は上手いけど、ああいう選手が上にいっちゃいけないと思います。必ず西京選手にリベンジして、次は俺が必ずK-1やKrushで名前を売っていきます。

(西京は57.5kg~58kgに階級を上げたが?)僕はオファーがあればどんな階級でも戦います。昨日の【Money in the KHAOS】で優勝したことで、これからはK-1・Krushのトップ選手たちと戦っていきます。次の試合も楽しみにしていてください」

 混沌のリングから生まれた“Mr.KHAOS”大岩の次戦に注目だ!