2022.06.29

 6月29日(水)都内にて、8月11日(木・祝)に福岡国際センターで開催される「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の第2弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 昨年から本格的にスタートしたK-1バンタム級。今回の福岡大会からは日本の軽量級トップである石井一成も参戦。新しい選手が内外から出てきている中、今大会ではこの階級のキーパーソンの一人である壬生狼一輝が、K-1本戦初出場の峯大樹と対戦する。

 壬生は昨年3月、プロ無敗のままKrushバンタム級王座を戴冠。その勢いを駆って5月のK-1横浜武道館大会で、Krush王者としてK-1バンタム級日本最強決定トーナメントに参戦するも、決勝で黒田斗真の左ストレートに沈みプロ初黒星。その後、12月のK-1大阪大会での黒田とのダイレクトリマッチに敗れると、今年3月にはKrushバンタム級の初防衛戦で池田幸司に敗れて王座陥落。今回は連敗からの脱出を懸け、地元・福岡からの再起を目指す。

 対する峯は髙橋直輝やMOEが所属する若獅子会館の選手で、2019年からK-1 JAPAN GROUPに参戦。4月のKrush後楽園大会で「K-1バンタム級日本最強決定トーナメント」3位の大村修輝に勝利し、K-1本戦出場のチャンスをつかんだ。

 いつもは“邪道”大仁田厚をモチーフとしたパフォーマンスを見せる壬生狼だが、今回の会見ではピンクのスーツに身を包み、メガネ、カツラ、さらにメイクを施し、政治活動家の井脇ノブ子さんを彷彿とさせる姿で登場。その意図について壬生狼は出身校、そして同じ九州出身(井脇さんは大分)であることを上げ、「ちょっとこのネタを使わずにはいられないと思って」と、ニカッとスマイル。そして、峯の印象を問われると、「元気がないようじゃから、ちょっとワシがここで気合いを入れてやろうと思う。はい、ガッツ! 根性! やる気!」と復唱を求め、さらに中村拓己K-1プロデューサーまで巻き込み、いつものようにマイペースに“壬生狼劇場”を繰り広げる。
 
 対する峯は「さっき(大沢)文也くんに『会見、余裕でKO負けやん』って言われたので、試合でKO勝ちしようと思います」と苦笑いを浮かべながらも、勝利に向けて意気込む。そして壬生狼のパフォーマンスについて「すごいなと思いますよね。こんなん、恥ずかし
くてできない」とコメントしつつ、ファイターとしては「スピードもあってコンビネーションもうまいし、タフ」と警戒を強めた。
 
 K-1を独特のアプローチで盛り上げる壬生狼が連敗脱出と共に故郷に錦を飾るか、それとも峯がK-1本戦初戦で大きな勝利をつかむか。注目度が高まっているK-1バンタム級戦線でインパクトを残すのは果たして?

峯大樹
「大阪から来ました、若獅子会館の峯大樹です。初めてのK-1本戦なんで、メッチャ楽しみなんですけど、さっき(大沢)文也くんに『会見、余裕でKO負けやん』って言われたので、試合でKO勝ちしようと思います。(今日の壬生狼選手を観ての感想は?)いや、すごいなと思いますよね。こんなん、恥ずかしくてできないので。ホンマにすごいなあって思います。(相手のファイターとしての印象は?)スピードもあってコンビネーションもうまいし、タフやなあと思います」

壬生狼一輝
「(立ち上がって)原点回帰! やる気、元気、一輝!(と、腕を突き上げて満面の笑み)。壬生狼一輝です!日の服装は井脇ノブ子先生寄りの壬生狼一輝です! 今日は日本の教育会に風穴を開ける! よろしくお願いします! 以上です。(今日のパフォーマンスの意図は?)私の先生がね、国際海洋高校出身だからですね。それもつながっていてですね。また井脇ノブ子先生の出身が大分ということで、一緒の九州ということで、ちょっとこのネタを使わずにはいられないと思って、ちょっとお借りさせていただきました。以上です。

(相手のファイターとしての印象は?)そ峯選手、元気がないようじゃから、ちょっとワシがここで気合いを入れてやろうと思う。峯選手、一緒にご唱和ください。はい、ガッツ! 根性! やる気! (峯も困惑しつつ復唱)ガッツ! 根性! やる気! 中村さんも! (中村Pも加わり)ガッツ! 根性! やる気! どうですか、気合い入りましたか?(峯は『もらい事故です』と返答)。よろしくお願いします! 以上です。(石井一成選手がK-1に乗り込んできたことについて思うことは?)そうじゃのう、今回、福岡、参戦ということで。まあ、一成くんにかぎらず、九州全員で団結して、全勝目指して! 今回がんばりたいと思います。これでいいですか? 以上です。

(大仁田さんのパフォーマンスは今回から使わない?)何を言うとる! 私は邪道魂を持ちつつ! これをやっとるから。そこはのちのち、やりたいと思います。一つだけじゃ、ちょっとねえ、ファンの人も飽きてくるから、だからちょっと、あの、七色の顔を持つ男に、私はなります。以上です。(大仁田さんも九州出身なのでやらないとまずいのでは?)そこは気にするな! 気合いでなんとかなる! 以上!」

 

選手登録