2021.12.05

 12月5日(日)大阪府内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」エディオンアリーナ大阪大会の一夜明け会見が行われた。

 第15試合では林健太がK-1スーパー・ライト級スーパーファイトで不可思と激突。1Rから積極的に不可思と打ち合った林は、3Rに右ストレートからのパンチ連打でダウンを奪取。これが決め手となり、林が3-0で判定勝利をもぎ取った。

 会見に出席した林は、対戦相手の不可思について、「今まで戦った中で試合中に一番気合いを感じました」とコメント。試合前は落ち着いて戦おうと思っていたそうだが、積極的に攻めてくる不可思につられて、「凄いガンガン来るから、やらないと行かないとって、ちょっとこっちがアップアップになってしまって、もっと落ち着いて冷静に戦えたら良かったなって」と、自身でも課題は見えた試合だったようだ。

 特に「まだスーパー・ライトの体ではないなと」と、フィジカル面での差を痛感。林はK-1ライト級王者に輝いた実績を持つが、今年からスーパー・ライト級に転向して今回が3戦目だ。「いつもパンチしか出来ない自分が少し蹴りも出てきて、ちょっとずつ成長は出来ているのかなと思って、そこはポジティブに捉えてます」と進歩した部分も感じられるところはあったが、「体から一から作り直してホンマに世界チャンピオン目指して頑張ります」と、フィジカル面を課題に掲げ、2階級制覇を目論む。

 試合中はかつてのジムの先輩でもあり現K-1スーパー・ライト級王者の山崎秀晃が、林の試合をリングサイドから見守り声援も送っていた。「秀さんの声はめっちゃ聞こえました。結構セコンドの声と秀さんの声とを聞いたことを出して、試合が上手くいったというのはあります」と、山崎の声援が試合中にプラスに働いたことを告白した林。しかし、その山崎の首を狙う気持ちに変わりはない。

 山崎と戦った経験のある不可思と試合をしたことで、「まだ世界チャンピオンの秀さんとは差がある」と痛感。「2022年はフィジカルからやり直してもっともっとレベルアップして、絶対に世界チャンピオンになると決めて頑張ります」と、さらなるパワーアップを果たして、ベルトを目指すことを誓っていた。

林健太
「一夜明けて、今まで戦った中で試合中に一番気合いを感じました。思ったよりフィジカル差も感じてしまいましたので課題だらけですけど、勝てたことを喜びたいです。(試合前は『落ち着いて戦う』と話していたが、試合後は『落ち着き過ぎていた』とも言っていた。改めて自分ではどう捉えている?)落ち着き過ぎたっていうか、逆ですね。落ち着いて戦おうともっと思ってたんです。やけど、凄いガンガン来るから、やらないと行かないとって、ちょっとこっちがアップアップになってしまって、もっと落ち着いて冷静に戦えたら良かったなって思ったんですけど、いつもパンチしか出来ない自分が少し蹴りも出てきて、ちょっとずつ成長は出来ているのかなと思って、そこはポジティブに捉えてます。でも、課題まみれでしたね。勝てたのは嬉しかったですけど。

(手応えは?)自分も蹴って相手を嫌がらせることが出来るんやっていう収穫はあったんですけど、自分が思ったのはフィジカル差ですね。まだスーパー・ライトの体ではないなと。だからと言って落とすことはないです。このままの階級で戦っていくんですけど、体から一から作り直してホンマに世界チャンピオン目指して頑張ります。

(K-1スーパー・ライト級王者の山崎選手がリングサイドで見ていて声援を送っていたが聞こえてた?)秀さんの声はめっちゃ聞こえました。結構セコンドの声と秀さんの声とを聞いたことを出して、試合が上手くいったというのはあります。(試合の中で力になった声援を送った先輩を狙うことになると思うが、そこも含めて2022年の目標は?)不可思選手は秀さんと戦ったことがあるんで、自分が不可思選手と戦って、どういう勝ち方で、俺は判定やったからとかはないすけど、まだ世界チャンピオンの秀さんとは差があるなと痛感したので、2022年はフィジカルからやり直してもっともっとレベルアップして、絶対に世界チャンピオンになると決めて頑張ります」

 

選手登録