2021.12.05

 12月5日(日)大阪府内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」エディオンアリーナ大阪大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の最終試合では、和島大海が木村“フィリップ”ミノルの持つK-1スーパー・ウェルター級王座に挑戦。過去2戦ともKO負けしている和島が、3度目の正直、かつK-1 FINALの木村にリベンジする最後の機会。和島は木村の強打を耐えて、蹴りを返し、前に出てパンチとヒザを当てて削っていく。消耗戦となったが、最終ラウンドで和島がなおも前蹴り、三日月蹴り、ヒザ蹴りで木村のボディを攻め、最後は左ミドルでKO勝利を収めた。

 和島は「すごい嬉しくて、反響も凄かったです」と試合への反響が予想を越えたものだったという。「木村選手に勝ったことと、K-1のベルトを獲ったこと、両方あったと思います。いろんな方から連絡をいただいて、今朝は魔裟斗さんのYouTubeで対談させていただきました」

 勝因は「気持ちの部分」。過去に2回負けた木村に対して「逃げずに立ち向かっていけたのがよかった。作戦通りに、自分のやりたいことを撤退して出来た」と和島。来年は「今年2試合しかできなかったので、もっと試合をして、防衛もし続けたいです」と和島。そこでは、K-1チャンピオンに求められる「KOで魅せること」をしていきたい。

「前チャンピオン(木村)のように、KOで魅せるのがK-1チャンピオン。僕もどんどん試合をして、どんどんKOを見せていきたいです」

 対戦相手として想定しているのは外国人選手。「パッと浮かぶのはピケオー選手。リベンジしたいですし、以前、中国の選手に指名されたことがあるので、中国のトップファイターともやっていきたいです」と和島。来年は、木村“フィリップ”ミノルから受け継いだ「KOで魅せるK-1チャンピオン」の道を突き進む。

和島大海
「昨日の試合なんですけど、自分の作戦通りというか、練習してきた動きをしっかり出せたんで、すごい良かったなって思います。(K-1チャンピオンになって一夜明けて)すごい嬉しいですけど、反響もやっぱり凄くて。いろんな方から連絡をいただいたりとか。今朝、いきなり魔裟斗さんのYouTubeに出させていただいたりとか。すごい嬉しいです。

(過去2回負けてる相手。勝因は?)そうですね、はい。ホントに気持ちの部分は大きかったなと思いますね。自分のやりたいこと、作戦に、徹底してできたことがよかったなと思います。(KOでタイトルを獲って、理想のチャンピオン像やこういう試合をしていきたい、というのは?)理想とするチャンピオン像は、前チャンピオンだったり、KOで魅せるのがK-1のチャンピオンだと思うので。これからもずっとKOし続けて、防衛したいと思います。

(スーパー・ウェルター級は海外勢との戦いがテーマ。その道のりは?)パッと思いつく選手でいったらジョーダン・ピケオー選手にリベンジもしていきたいですし。1回、中国の選手にも指名されたことがあるんで、その選手ともやってみたいなって思います。(2022年の目標を)今年は2試合しかできなかったんですけど、来年はもっと一杯試合をして、KOもして、頑張りたいなと思います。

(反響が凄かったのは、ベルトを獲ったことか、木村選手に勝ったことか)両方あると思います。やっぱり木村選手はすごいビッグネームなので、その相手に勝ったことと、K-1のベルトを獲ったということもあると思います。(魔裟斗さんのYouTubeは勝ったら出る、ということに?)ちょっとわからないですけど、今朝「出る」ことになって、対談させていただきました。

(木村選手とは3回目の対戦。過去2回との違いは?)恐怖心はやっぱりありましたし、そこに逃げずに立ち向かっていけたのがよかったですね。でもやっぱり強かったんで。

(前回よりは恐怖心もなく?)……なんていうんですかね。気持ち的にも木村選手に挑んでいく、っていうのはありましたし。だからこそ気合いもすごく入っていい動きもできたんじゃないかなって思います。

(木村選手はカリスマ性もあって、自己アピールも出来て大きな存在だった。和島選手は失礼ながら気持ちも優しくて、おとなしい感じ。周囲から「もっとこうした方がいいよ」とかは?)もっと喋れ、ってよく言われるんですね。さっきも魔裟斗さんに『もっと喋ってアピールしないとダメだよ』ってアドバイスいただいたばかりなんですね。来年はもっと喋っていきます(笑)」

 

選手登録