2021.11.29

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」にて、K-1 FINALを迎える木村"フィリップ"ミノル。K-1公式Twitterではファンのみなさまから木村の「ベストバウト」と「ベストKO」を投票していただきました。本日はベストバウトのトップ3を発表いたします。

第1位:vsゲーオ・フェアテックス(2015年1月18日)
※リングネームは当時のもの

2014年11月の初代-65kg(現スーパー・ライト級)王座決定トーナメントを圧倒的な強さで制したゲーオにスーパーファイトで木村が挑んだ一戦。下馬評ではゲーオが圧倒的有利とされていたが、3Rに木村が左フックのカウンターでダウンを奪って、大番狂わせの判定勝利を起こした。試合後の「スターがいない、カリスマがいない、K-1はもう終わりました。これからは僕の時代です」というマイクは名場面の一つとなった。

試合動画はこちら▷https://youtu.be/45GKS_jRaoE

第2位:vs平本蓮(2015年9月12日)

同年1月にゲーオを下し、3連勝と勢いに乗る木村がK-1 SURVIVAL WARSのメインイベントに登場。K-1甲子園2014王者の平本を迎え撃った。試合は両者が1Rからスリリングな打ち合いを繰り広げ、木村が2Rにダウンを奪って判定勝利。木村はほぼパンチのみで平本と殴り合い、会場の後楽園ホールは大熱狂に包まれた。

試合動画はこちら▷https://youtu.be/wLhPzan3NZw

第3位:vs近藤魁成(2019年5月18日)

Krushウェルター級王者としての初防衛戦で近藤を迎え撃った木村。1Rに近藤のヒザ蹴りでまさかのダウンを奪われたものの、そこから木村が猛反撃。最後はパンチ連打で近藤をなぎ倒してベルトを死守した。

試合動画はこちら▷https://youtu.be/GS4SqCpQ3JM

 

選手登録