2021.10.20

 10月20日(水)都内にて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の第2弾カード発表記者会見が行われた。

 K-1フェザー級のスーパーファイトとして斗麗vs森坂陸の一戦が決定した。斗麗は今年2月に新美貴士が持つKrushフェザー級王座に挑戦するも王座獲得ならず。しかし、その後はK-1のリングで2連勝と勢いに乗っている。

 対する森坂は昨年の第5代Krushフェザー級王座決定トーナメントで準優勝。3月のK-1東京ガーデンシアター大会では今大会でタイトルに挑戦する軍司泰斗と対戦し、判定負けを喫している。今回、約9カ月ぶりにK-1のリングに戻ってくる。

 この両者は前述のKrushフェザー級王座決定トーナメントの一回戦だったものの、斗麗が右手首の故障により欠場。K-1に舞台を変えて実現した一戦でもある。

 前回の対戦を欠場した形の斗麗は「一度流れてしまったカードなので、今回けじめとしてこのオファーを受けました」としつつ「僕が目指しているのは世界一。色んな意味で“なめんなよ”と。12月4日はレベルの差を見せ付けて勝ちたいと思います」と圧勝を予告。

 一方の森坂は「試合から離れている間に練習環境を変えたり、新しい取り組みなど色んなことに挑戦したり、強くなれている実感があるので、次の試合は強くなった姿を見せられると思います」と自らの成長に自信を見せる。

 今大会では王者・椿原龍矢と挑戦者・軍司泰斗によるK-1フェザー級タイトルマッチが行われるが、斗麗は「どっちが勝つにしろ、来年僕が挑戦するまで、チャンピオンは大事にベルトを持っといてください」と不敵なコメント。森坂は「K-1のチャンピオンを狙う前に、Krushのタイトルを狙うのが本音。これに勝ったらKrushのタイトルに近づけると思う尾」とKrushのタイトル挑戦に向けたアピールにつなげるつもりだ。

斗麗
「今回、地元・関西で試合ができることを凄く嬉しく思います。森坂選手とは、僕がトーナメントを欠場したことによって一度流れてしまったので、今回けじめとしてこのオファーを受けました。その節はご迷惑をおかけしました。でもいつも言っている通り、僕が目指しているのは世界一なので、色んな意味で“なめんなよ”と思っています。しっかり勝って12月4日はレベルの差を見せ付けて勝ちたいと思います。

(対戦相手の印象)普通の選手なので問題なくクリアします。(森坂はトリッキーだが勝つイメージは?)普通にいつも通りやって、しっかり最後は倒そうと思うので当日楽しみにしといてください。(同大会でタイトルマッチがあるが、どういうアピールをしたいか)どっちが勝つにしろ、僕が目指しているのは世界一なので、来年僕が行くまでチャンピオンは大事にベルトを持っといてくださいという感じです」

森坂陸
「前回3月大会で軍司選手とやらせてもらって何もできずに負けてしまいましたが、この状態で試合をしても強くなれないと思って、主催者には半年以上空けさせて下さいとお願いしてました。その間に練習環境を変えたり、新しい取り組みなど色んなことに挑戦して強くなれている実感があるので、次の試合は強くなった姿を見せられると思います。ご注目よろしくお願いします。

(対戦相手の印象)文句なしに上手くて強い選手だと思います。オールマイティで何でもできる選手かなと。ただ気持ちはそんなに強くないのかなと思います。(攻略法は?)作戦をもう立てていて、それを練習している最中です。今回はテクニックで戦うというよりは、気持ちで戦おうかなと思います。この期間で変わった姿を見せることが自分の目標。ファイトスタイルが変わったところを見せたいと思います。

(同大会でタイトルマッチがあるが、どういうアピールをしたいか)椿原君とは3年前にやってボコボコにやられて、軍司選手とは前回の試合を含めて2回とも負けているので、文句なしのタイトルマッチだと思います。一歩でもそこに近づけるように今回の試合でいい結果を残して、勝って上に進みたいと思います。ただ、いきなりK-1のチャンピオンを狙う前に、Krushのタイトルを狙うのが本音。今回の試合は同じ相手(新美)に負けているもの同士なので、これに勝ったらKrushのタイトルに近づけるのかなと思います。まずはそっちから考えてます」

 

選手登録