2020.11.24

 11月24日(火)都内・PURGE TOKYOで、12.13(日)東京・両国国技館「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1冬の大一番~」で[スーパー・ファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で島野浩太朗と対戦する芦澤竜誠が公開練習を行なった。

 公開練習では2分1Rのパンチのミット打ちを披露した芦澤だが、今回の島野との試合は約1年半ぶりの復帰戦となる。インタビューの中では、休んでいた1年半の間の自身の成長を強調。「練習はただやるだけじゃ意味ないと思ったっすね。意味あることをやらないといけない。その意味あることが分かったんで、だからがんばれる」と、練習にも集中して取り組んでいる様子だ。

 特に変化したところを「マインドっすね。心、気持ち」と語った芦澤。本人曰く「180度ぐらい違います」とのことで「例えば、道端で喧嘩売られても、前までは『なんだこの野郎!』とかなったんですけど、『俺、お前らにかまってる暇ないわ』って。本気でそう言えるようになったっす。前までは本気でやってないから、それ言えないですよ」と、格闘技に対しての本気度が以前とは違うようだ。

 かと言って、大人しくなったわけではない。対戦相手の島野に関しても、「あれはいい男ですよ。いい男なのはわかってるんで、めちゃくちゃいい試合になりますよ。男同士の」と褒め称えつつも、「島野選手と俺、16歳の時にセミプロみたいな試合でやってるんですよ。俺、全然小さかったのにやったんですよ。まあ、普通に俺が勝ったんですけど、だから俺と島野選手の勝負は決まってるんですよ」と、勝負に対しては自信満々だ。

 また今回の試合では、「愛を見せたいっすよ。見ている人に愛を届けたいっす。そうすれば絶対に愛が返ってくるんで。」と語る芦澤。一度引退する前は、「俺の試合だし、俺が勝ったら俺が一番うれしいし、俺が負けたら俺がどん底落ちるし、みんな関係ねえ」と思っていたそうだが、「今は本当にチケットを買ってくれる人とか、生中継を見てくれる人にも愛を届けたいっす。でも、届くんですよ」と、大きな心境の変化もあった。

「3連敗中だけど、それでもついてきてくれたファンの人にやっと恩返しができる」。感謝の気持ちを胸に、“愛の戦士”に変貌を遂げた芦澤がK-1での再スタートを切る。

 

選手登録