2020.09.23

 9月23日(水)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」の一夜明け会見が行われた。

 スーパーファイト初登場同士となった瓦田脩二とSEIYAによる一戦。試合は瓦田が2Rに右目尻をカットするも、手数・運動量でSEIYAを圧倒し、判定3-0で勝利をつかんだ。目尻を縫ったため、サングラス姿で現れた瓦田は「自分の一つ前の試合のTESTU選手や、自分の次の朝久選手が激しい打ち合いをしていたのに、自分はまだまだ盛り上げられてないと思って悔しかった」。

 11月には地元・福岡でK-1が開催されるが、「メチャクチャ出たい気持ち。あとは身体とちょっと相談して、どうするか話して決めていきたい」と語った。

瓦田修二
「昨日目尻を縫っちゃって、今サングラスをつけさせてもらってます。昨日の試合は、自分の中でけっこうボクシングを練習して自信があって、もっとできるかなっていうイメージだったんですけど、まだまだ課題が残るような試合内容だったと思います。あと、初めてカーフキック(ふくらはぎを蹴るローキック)をもらったんですけど、ちょっとカーフキックが嫌いになりました(苦笑)。

(足を引きずっているがダメージが残ってる?)試合中はアドレナリンも出て痛くなかったんですけど、終わったあとはアドレナリンが切れてきて、だんだん痛くなってきて腫れてきてという感じで。ちょっといまは痛いです。でも、全然大丈夫です。(試合を観て反省点が多かった?)試合をやっていても思ってたんですけど、映像を見て改めて。自分の一つ前の試合のTESTU選手や、自分の次の朝久選手が激しい打ち合いをしていたのに、自分はまだまだ盛り上げられてないと思って悔しかったです。

(実際にSEIYA選手と戦ってみて、印象は違った?)いや、もともと気持ちの強い選手だと思ってたし、イメージどおり、スネも硬かったしっていう感じですね。(11月の福岡大会への気持ちは?)地元で試合をやることには本当に思い入れも強いですし、メチャクチャ出たい気持ちです。あとは身体とちょっと相談して、どうするか話して決めていきたいなと思っています。

(ファンにメッセージを)昨日は応援ありがとうございました。無事、K-1で勝つことができてホッとしてます。全然、まだ自分の実力を出すことができてないので、これからもっと強い自分を出せると思うので、期待して応援してください。ありがとうございました」

 

選手登録