2020.09.21

 9月21日(月・祝)、開催を明日に控えた「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K-1秋の大阪決戦~」エディオンアリーナ大阪大会の前日計量と記者会見が行われた。

 昨年、K-1フェザー級王座を獲得した江川優生は、怪我で3.22「K’FESTA.3」を欠場したことで、今回が王者としての初陣。地元・関西を拠点として活動する椿原龍矢と、-58kg契約のスーパーファイトで対戦することになった。試合を前に江川は、「本当に久々の試合なんでワクワクしています」と、約10カ月ぶりの試合を前に武者震い。アウェイの環境での試合となるが、「大阪の会場を江川の色に染めてやろうと思っています」と力強く語った。また、K-1参戦が発表された才賀紀左衛門から、名前を出されたことについても、「まず俺までたどり着けるのかな」とバッサリ。王者としての余裕を漂わせていた。

 対する椿原は、「格闘技人生の中で最強の対戦相手なんで、その最強の選手を倒して、僕が最強になったろうと思っています」と、試合を前に気合い満々。チャンピオンを前に臆することなく、「番狂わせと言ったら、椿原やなというような試合をしようと思っている」と、下馬評を覆すことを宣言した。

 今大会で組まれたMIOvs高梨knuckle美穂の女子ミニマム級スーパーファイトは、1年前の8.24大阪大会で参戦が発表されたMIOのK-1初参戦ということで注目が集まっている。これが1年7カ月ぶりの試合となるMIOだが、「感謝の気持ちを込めて、明日は戦いたい」とコメント。初のK-1ルールの試合に対しても、「KRESTでずっと練習していたので、不安要素はほぼない」と自信たっぷり。高梨から、「全てを奪ってやろうと思っています」と言われても、「私はK-1のデビュー戦なので逆に奪ってやろうと思っています」と切り返すなど、気の強さも見せていた。

 一方、自身もK-1のリングは初めてながら、Krushで女子アトム級王座を獲得するなど、順調にスターダムを駆け上がっている高梨は「ぶっ倒してやります」と堂々とKO宣言。「パンチだけじゃなくて他でも倒せると思っているんで、いろんなイメージしています」と、初の大舞台にも臆することなく自信を見せていた。

 昨年の7.21「Krush.103」でジュー・シュアイに敗れて以来、1年2カ月ぶりの試合となる卜部功也は、篠原悠人と-63.5kg契約のスーパーファイトで対戦。K-1ライト級王座から陥落し、2連敗中と、この試合に再起を懸けるが、「いい練習できたんで、久々の試合を楽しみたいと思っています」と気負っている様子はない。「本当にめちゃくちゃ練習したんで、仕上がりはいいですね」と充実した練習に取り組めたようで、「試合前はスイッチが入りますし、最後のスパーでもいい殺気が入ったスパーができたんで、また戻れると思っています」と、久々の試合で復活を誓う。

 対する篠原は、約3カ月前の6.28「Krush.113」で、ゴンナパー・ウィラサクレックのKrushライト級王座に挑戦し敗れたばかり。しかし、今回の功也との試合に対しては、「格闘技人生の中でもめちゃ重要な試合になると思うので、覚悟を決めて勝ちに行きます」と、気持ちは乗っている。当初はキャリアの中でも最強の相手とも言える功也との試合が決まっても実感が湧かなかったと語っていたが、「対策していくうちに実感も出てきて、コーチと練習している中で勝機もあるし、勝つ部分もあるんで、そこを最大限に試合に活かせたらと思っています」とコメント。練習の中で掴んだ勝機で、大物食いを狙う。

椿原龍矢
「明日は僕の格闘技人生の中で最強の対戦相手なんで、その最強の選手を倒して、僕が最強になったろうと思っています。押忍!(最強の対戦相手ということだが、対策の仕上がり具合は?)僕も絶好調の挑戦者ちゃうかなと思っているんで、もちろん対策もしっかりしているんですけど、勝つ気があるので、しっかり勝ちに行きます。押忍!(番狂わせを起こす自信は?)番狂わせと言ったら、椿原やなというような試合をしようと思っているので、楽しみにしとってください」

江川優生
「本当に久々の試合なんでワクワクしています。明日がんばります。(チャンピオンとして初めての試合になるがどういう心境?)チャンピオンとして初陣になるんですけど、その初が敵陣ということで、でも、大阪の会場を江川の色に染めてやろうと思っています。(公開練習でK-1を覚悟する想いを語っていたが、試合を前にどう整理した?)相手がどうこうというより、自分のことしか考えてないですね。特に今は。これから試合に向けて、頭の中を整理してっていう感じですね。(公開練習で『自分の名前を出されないぐらいの化け物になりたい』と語っていたが、才賀選手が参戦会見の時に『江川のベルトを狙いたい』と名前を出したが、それについては?)いきなり言われたことには納得がいかないし、まず俺までたどり着けるのかなと思っていますね。自分がいるところまでたどり着けるのかなと。(疑問に思っている?)思っていますね。たどり着けたらって感じですけど。(たどり着いてみろよという気持ち?)今はそんな状況です。なんとも言えないですね」

高梨knuckle美穂
「明日はアウェイの雰囲気を楽しみながら、相手の全てを奪ってやろうと思います。よろしくお願いします。(インタビューや会見でもライバル視するコメントがあるが、そういった相手を前にどういう試合を見せたい?)やっぱり倒す試合しかないです。ぶっ倒してやります。(イメージもできあがっている?)パンチだけじゃなくて他でも倒せると思っているんで、いろんなイメージしています」

MIO
「明日はいよいよK-1でのデビュー戦ということで、思いっきいり楽しもうと思っています。ほとんどの人が私のことを知らないと思うので、しっかり明日は勝って、名前を覚えてもらえるようにがんばろうと思います。(久々の試合で具体的な今の心境は?)ちょうど1年前にK-1参戦を発表させてもらって、同じ舞台で1年後に試合できるということで、ありがたいと思っています。感謝の気持ちを込めて、明日は戦いたいと思っています。(K-1のルールに向けた準備は?)KRESTでずっと練習していたので、不安要素はほぼないなと思っています。(高梨の『ぶっ倒す』、『全てを奪う』というコメントについては?)私は失うものはほとんどないと思っているんで、私はK-1のデビュー戦なので逆に奪ってやろうと思っています。(去年大阪で参戦を発表してから、長かったか? それとも短かったか?)長いと思っていたんですけど、いざこうやって明日試合ってなると凄く短かったなと、今日思いました。(最後の試合から1年7カ月経つが、一番変わったところは?)格闘技を楽しむという気持ちが一番変わったかなと思います。(今回はKOできますか?)はい(笑)。KOももちろん狙いますが、勝つことを一番に考えています」

篠原悠人
「明日の卜部選手との試合は、自分の中で格闘技人生の中でもめちゃ重要な試合になると思うので、覚悟を決めて勝ちに行きます。(重要な試合で、キャリアの中でも最強クラスの相手だという認識もあると思うが、勝つイメージはどうできあがっている?)正直、試合が決まった段階では実感が湧かなかったんですが、対策していくうちに実感も出てきて、コーチと練習している中で勝機もあるし、勝つ部分もあるんで、そこを最大限に活かして、試合に活かせたらと思っています」

卜部功也
「1年2カ月ぶりの試合なんですけど、いい練習ができたんで、久々の試合を楽しみたいと思っています。(久しぶりの試合で仕上がりは?)仕上がりはいいですよ。本当にめちゃくちゃ練習したんで、仕上がりはいいですね。あとは自分自身弱いところを認めているところがあって、試合で勝つには自分の弱さを認めないと勝てないと思っているんで、そういうところも認めたうえで勝ちます。(滾るような気持ちとは違う?)滾ってますよ。やっぱスイッチ入りますし、最後のスパーでもいい殺気が入ったスパーができたんで、また戻れると思っています。楽しみにしていてください」

 

選手登録