2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 スーパーファイトで村越優汰と対戦したレオナ・ペタスは“石の拳”と言われる強打を炸裂させ3R KO勝利。自身が掲げる武尊戦へ一歩前進となったが、会見では今回来日ならなかったISKA世界ライト級(-61kg)王者アダム・ブアフフとの一戦も打ち上げ、そのISKA王座を奪った上での武尊戦を提案した。

「昨日の試合なんですが3R KOという形で締めることができたので、とてもよかったと思います。(村越は)やってみて上手いなと思ったんですけど、1Rに1回ダウンをとって、KOできるのとできないのとでは全然違うなと思ったので、気合いで倒しに行きました。

(武尊戦に向けてKOを狙った?)武尊選手に認めてもらわないと始まらないので、どうしたら認めてもらえるかなと思った時に、1Rのダウンだけじゃ物足りないかなと思ったので、3Rは強引に倒しに行こうと思って倒しに行きました。2Rくらいで1回アウトボクシングを見せたんですけど、その時に全然ついて来れないなと思ったので、じゃあ3Rはインファイトでちょっと仕掛けてみようかなと思って。そこでやってきたことが活きて、倒すことができたのですごい自信になりました。

 武尊選手の昨日の涙を見て、すごいいろいろなものを背負ってるんだなと思いました。今回ダブルタイトルマッチが流れちゃってそれもすごいかわいそうだなっていうか。そう思って見ていたんですけど、武尊選手は世界のチャンピオンとやりたいと言っているので、ブアフフ選手が来日できなくてダブルタイトルマッチができなかったじゃないですか。武尊選手もそんなに時間がないみたいに言っているので、ブアフフ選手と僕がやって、ISKAのベルトを獲ってもいいし、皇治選手もISKAのベルトを持っているので、奪い取ってやってもいいかなと思っていて。ブアフフ選手と皇治選手とISKAのベルトを懸けてやれればいいかな。それでそのベルトを獲って武尊選手とやってもいいんじゃないかなとは思います。

 昨日の試合だと村越選手は前回武尊選手とやっているので、みんな分かっていると思うので、それをKOしたっていうことで、僕が強いっていうのを分かってもらえたのかな、と。僕はそんなに人気もないし、別に華がある訳でもなかったんですけど、実力でここまで来て、実力で全部証明できているので、昨日もその実力が証明できたのがよかったかなと思っています。

 Krushだともう敵が誰もいないので、僕全部やり尽くしちゃったので、大岩龍矢選手がTwitterでKrushの挑戦者は僕みたいな感じで言っていたんですけど、僕のレベルにいないし、全然そこまで上がってきていない選手なので、Krushのベルトを懸けてやる必要もないなと思うし。僕とタイトルマッチをやりたいんだったら、トーナメントでもやってもらって、そこで挑戦者を決定してもらえばいいかなと思います。なのでしばらくKrushで防衛することはないのかなと思っていて。僕が1番Krushで強いというのは証明してきたので、特に今は防衛戦は全然考えていないですね」

 

選手登録