2019.12.29

 12月29日(日)愛知・名古屋ガーデンパレスにて、“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)大会の一夜明け会見が行われた。

 ナイジェリア人ファイターのマーセル・アデイエミと対戦した木村“フィリップ”ミノルは怒涛のラッシュでアデイエミを前のめりに失神させる衝撃のKO勝利。2019年のK-1全大会出場&全試合KO勝利という偉業を達成した。一夜明け会見で木村は「両国大会のブリッグス戦を、完全に僕の中では超えたかな」と昨夜のKO劇を自画自賛し「K-1 AWARDSにあるような賞は全部もらえるんじゃないかって思ってますね」と笑顔で語った。

 試合後のマイクの通り、来年はベルトに狙いを定め「スーパー・ウェルター級が空位なんで、そこに照準を定めても良いかな」とスーパー・ウェルター級出撃を宣言。最後は「自分はファンには支えられてるけど、ファンの人生も支えられたら、これ以上幸せなことはないかなって思う」と自らのファイトでファンとWin-Winの関係を築いていきたいとメッセージを送った。

木村“フィリップ”ミノル
「皆さん応援ありがとうございました。昨日はめちゃくちゃ歓迎ムードの中で試合が出来て気持ち良かったです。本当に感謝してます。試合は6連続KOがかかってたし、1年間ずっと戦ったので無駄なダメージを増やしたくなくて瞬殺しようって決めましたね(笑)。それが無事出来たので、今はとりあえずほっとしてますね。それでこうやって一夜明け会見でみんなの前に出れて嬉しく思います。

(試合前は今年全てのKOを超えるKO劇を見せると発言していたが?)両国大会のブリッグス戦を、完全に僕の中では超えたかなって思います。やっぱり後ろに倒れて失神するより、前の方が危ないんで。そういう意味では今回の方が絶対ベストなKOかなって思いましたね。ちょっと相手が心配になるぐらいですけど(苦笑)。(K-1 AWARDS 2019のベストKO賞は確定?)そうだと思います。多分K-1 AWARDSにあるような賞は全部もらえるんじゃないかって思ってますね(笑)。

(海斗選手の挑戦表明や戦いたいと発言している若い選手にアンサーは?)まずアンサーの前に海斗選手が誰?って調べるところから始めます(笑)。(来年はタイトルを獲りに行くと明言していたが)そうですね。僕の中では6連続KOしたとしてもみんなが納得するものではないし、やっぱりタイトル獲ることが一番凄いことであるのは事実なので、来年はタイトル狙いたいですね。そんな中でスーパー・ウェルター級が空位ってことで、ちょっとそこに照準を定めても良いかなとは思ったり。昨日は69kg契約で凄い体重的にも良くてパワーも出てたんで、スーパー・ウェルター級を獲りに行こうかなって思いますね。70㎏も僕が倒したヤツばっかなんで、みんな2回目も倒したいですね。

(スーパー・ウェルター級の層を考えると、日本代表枠で出場して海外勢を迎え撃ってほしいところだが?)そうですね。木村ミノルは国籍フリーな存在なんで、僕が出るってだけで良いと思います(笑)。国はどっちでも良いっすよ。(城戸選手はスーパー・ウェルター級にはみんな階級を上げてくるなと発言しているが、それについては?)城戸選手はそんなに興味がない(笑)。あんまり興味がない。全然興味がないです。

 今年はスランプの時を心配してくれてたファンのために、木村ミノルがこれだけ元気になりましたっていうアピールの年。来年はこうやってタイトルも獲るまでになったっていう成長した姿を見せたいっすね。タイトルとして形に残したいです。それを1個、2個や3個と増やして行きたいっすね。

(ファンの皆さんにメッセージは?)やっぱりK-1に出るのは夢だったし、K-1ファイターとして生きるのは凄い夢なので。そんな中で会場にあれだけファンが集まって凄い熱い声援を送ってくれたり、ファイターをリスペクトしてくるファンが凄い多くて幸せですね。人の夢を自分のことのように応援してくれるのは凄いこと。ファイターも凄いけど、ファンの人も人間性的には凄いリスペクトできるものがある。それで僕らのファイトでちょっとでも日常生活や日々のストレスが軽減されたり楽しい気持ちになってくれるならWin-Winというか支え合いですね。ファンには支えられてるけど、ファンの人生も支えられたら、これ以上幸せなことはないかなって思うんで。これからも頑張ります。また応援してください。ありがとうございました」