2019.12.29

 12月29日(日)愛知・名古屋ガーデンパレスにて、“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)大会のの一夜明け会見が行われた。

 第1試合で橋本実生を判定で下した松本日向。今年9月の「KHAOS.9」に続き、橋本を下してプロデビュー二連勝を収めた松本は、このライバル関係について「試合自体は当分やらないかなと思うんですけど、これからがたぶん勝負。自分はずっと意識し続けていると思います」と話す。

 そしてAbemaTV「格闘代理戦争」から始まった激動の一年については「代理戦争で皇治さんに選んでもらって、シルバーウルフにお世話になってから、自分でもちょっとビックリするくらい人生が変わったと思っています」と振り返った。

松本日向
「シルバーウルフの松本日向です。昨日は応援ありがとうございました。昨日の試合を振り返って、前回の反省を活かしたくて、今回の意識したところは距離を近づけるというのをめちゃくちゃ大宮司さんに教えてもらって。始まりのときから距離を離さないというのを意識していて、相当相手にプレッシャーかけられたかなと試合で感じました。でもやっぱり1Rに考えすぎちゃうクセがあって、固い動き出しだったので、2~3Rからはいつもどおり『何も考えるな』と言われて、逆に動けたと思います。

(K-1の舞台で戦えたことと、橋本選手とのライバル関係については?)まだ二戦目の自分が、K-1の舞台に上がらせてもらったことがすごくうれしかったですし、やっぱり会場の広さに最初ビックリして。入場のときは興奮していてわからなかったんですけど、1Rのインターバルのときに周りを観たら人がいて、声が聞こえて、ソワソワしました。  ライバル関係については、橋本選手と試合自体は当分やらないかなと思うんですけど、お互いに格闘技代理戦争から出てきて、これからがたぶん勝負だと思うので。これからお互い勝ち星を重ねて、いつか大きな舞台で戦いたいと思ってはいます。自分はずっと意識し続けていると思います、負けたくないので。

(格闘代理戦争から始まり、激動の一年となったが振り返って?)この席に座っていることすらビックリなくらいなので。4月の格闘代理戦争に出るまでは、部活でキックをやって、アマチュアの試合に出て終わろうと思っていたので。本当、代理戦争で皇治さんに選んでもらって、シルバーウルフにお世話になってから、自分でもちょっとビックリするくらい人生が変わったと思っています。

(来年の目標は?)まだ自分は基礎も全然できてないし、伸びシロがたくさんあると思っているので。まず、しっかり練習を積み重ねて、コツコツと勝ちをつかんで少しでも上に近づけるようにがんばりたいと思います。 (ファンにメッセージを)昨日は応援ありがとうございました。すごく力になったし、名古屋にわざわざ来てくれてるかた、名古屋のかたは温かかったので、試合も楽しくできましたし、本当に大切な思い出になりました。これからもがんばるので、応援よろしくお願いします。ありがとうございました」