2019.12.29

 12月29日(日)愛知・名古屋ガーデンパレスにて、“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)大会のの一夜明け会見が行われた。

 第6試合で平山迅から左フックで3RKO勝利を収めた中野滉太。快心の勝利については「蹴りで間合いを取ってからという作戦だったので、見事にはまったかなと思います」と振り返る。

 試合後にはKrushのベルトを視野に入れていると発言したが、「今年は先輩方がベルトを二本獲ったので。来年は自分と中島千博選手でベルトを獲りたい」とPOD勢としての更なる王座奪取に意欲を見せた。

中野滉太
「はじめに昨日対戦いただいた平山選手、ありがとうございました。あと、いつも応援してくれているファンのみなさま、本当にありがとうございます。昨日はなんとかKOで勝てたんですけど、平山選手だからじゃないですが、そういう(倒しに来る)気持ちの選手だから、いい倒しかたができたのかなと思っています。昨日の試合は自分にとって、大事な一戦だったと思います。

(珍しく蹴りを中心に試合を組み立てているように見えたが、あれは作戦?)そうですね。蹴りで間合いを取ってからという作戦だったので、見事にはまったかなと思います。(カウンターはイメージ通り?)そうですね。フックで倒すことをイメージして練習してたんで。蹴りからパンチにつなげるっていう、練習したことが少し出たかなという感じです。(古川会長からの採点は?)昨日はとくに自分は採点がなかったですね(笑)。

(今年はだんだんと強い選手と当たっていったと思うが、一年を振り返って?)負けも勝ちもありましたけど、今年は本当に強い選手とばかり試合ができて。自分にとってすごくいい経験になった一年だったんで、来年はこの成果を出せるように、ベルトに近づけるようにしていきたいですね。 (昨日のバックステージではKrushのベルトが次の目標と発言してたが、それに向かって次に戦いたい相手は?)スーパー・ライト級のタイトルマッチも決まったので、そこも視野に入れて。いつでもタイトルマッチを組まれてもという体勢はできているので、あとは少しずつ調整して、もっともっと練習していきたいです。

(来年はPOD全員でベルトを獲りたい?)そうですね。今年は先輩方がベルトを二本獲ったので、来年は自分と中島選手で獲って。先に自分が獲るというかたちにしたいです。昨日の勝ちもあったし、ベルトには近づけたのかなと思いますね。 (ファンにメッセージを)昨日はなんとかKOで勝つことができたんですけど、まだまだ納得はできてないし、来年はもっと自分の年にしたいと思っているので、みなさん応援よろしくお願いします」