2019.02.22

 2月22日(金)大阪・寺田町のALL WIN GYMにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の[日本vs世界・7対7/-68kg契約/3分3R・延長1R]で木村"フィリップ"ミノルと対戦する和島大海が公開練習を行った。

 これまでK-1ではスーパー・ウェルター級(-70kg)で戦ってきた和島。今大会では-68kg契約の試合で、Krushウェルター級(-67.5kg)王者・木村との階級を超えた一戦に臨む。通常より2kg軽い契約体重での試合となるが「仕上がりはバッチリ。いま凄く追い込んでいるところで、あとは体重を落とすだけです」と順調な仕上がりを見せている。

 昨年9月のKrush後楽園大会ではVS日本人無敗を誇るジョーダン・ピケオーが保持するKrushスーパー・ウェルター級のベルトに挑戦。惜しくも敗れたものの、ピケオーをあと一歩のところまで追いつめ、ピケオーに「和島がここまで強いとは思わなかった」とまで言わしめた。

 和島自身、ピケオー戦で得たものは大きく「最初はピケオー選手に圧力をかけられてビックリしたんですけど、後半は自分からプレッシャーをかけることができた。フィジカルでも潰されることなく、しっかり戦うことができた。自分の中で力負けしない手応えを掴んだし、自信になりました」。

 ピケオーと自分の差を「上手さや試合経験の差」と自己分析し「これから強い外国人選手と試合をして経験を積めば、ピケオー選手にも勝てると思います」と続けた。

 対戦相手の木村については「フィジカルも強いし、パワーもあると思うので、それに負けないように練習している」と和島。公開練習では空手衣に身を包み、三日月蹴りをはじめ、多彩な蹴り技を披露し「ピケオー選手に負けてから、時間が空いたので、その間にいろんな技を練習した。次の試合ではその技を出していけると思う」と技のバリエーションに磨きをかけてきた。

 木村はインタビューや自身の公開練習で「(和島は)眼中にない」と辛辣なコメントを残しているが、和島は「たしかに木村選手は自分より格上というか、キャリアも長いですし、そう思われても当然」とあくまで冷静。「試合でしっかり自分の強さを見せるという気持ちでぶつかっていきます」と結果・内容で木村の言葉を見返すと誓う。

 また木村は自身の公開練習で「(チンギス・)アラゾフだったり、自分が活躍して一つ上の階級の世界の強豪を呼べるようになっていきたいと発言している。和島も「今の一番の目標はベルトを獲ること、70kgでも67.5kgでもまずベルトを獲る」と王座奪取への思いは強く、そのうえで「タイトルを獲ってから海外の強豪選手と戦っていけたらいいなと思います」と世界との戦いも見据えている。

 最後に「木村選手も一発があるし、この試合はKO決着になると思います。僕はしっかり蹴っていってKOで勝てたらいいなと思います。ここでKOで勝って、これからどんどん強い外国人選手とやっていきたいので、応援よろしくお願いいたします」とファンに向けてメッセージを送った和島。宣言通りの“蹴撃”で木村をマットに沈めることは出来るか?