2018.09.21

 9月21日(金)東京・新宿区にあるK-1ジム総本部にて、9月24日(月・休)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で郷州征宜と対戦するスアレック・ルークカムイが公開練習を行った。

 3月「K'FESTA.1」での第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントでは一回戦で小宮山工介のハイキックでマットに沈んだスアレック。小宮山戦では足を使う小宮山を捉えられず、持ち味の攻撃力を発揮することができなかったが「確かにそういう部分もあったし、あまりファイトスタイルが合わなかったと思う。でも過ぎ去ったことは気にしていないよ」と語る。

 逆に今回対戦する郷州については「ファイトスタイル的に自分とはがっちり噛み合う気がする。いい試合が出来ると思う」。公開練習では“超攻撃型ムエタイ”の異名通りの強打をミットに叩き込み「自分と郷州は同じようなファイトスタイルだが、自分の方が攻撃が重い分、有利だ。郷州が頑丈な選手だということは分かっているが、彼をKOする自信がある」とKO宣言が飛び出した。

 これからのK-1での目標を聞くと「スーパー・フェザー級には選手がたくさんいる。誰が相手でも戦っていきたい」とスアレック。「試合当日は自分が持っているもの全てを出して戦う」と全力でK-1初勝利を目指す。