2018.09.21

 9月21日(金)東京・新宿区にあるK-1ジム総本部にて、9月24日(月・休)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」の[初代クルーザー級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R]で杉本仁と対戦するアンドレ・グロースが公開練習を行った。

 グロースはイギリス国内で二つのタイトルを獲得している実力者で、今回がK-1初参戦となる。「K-1に出るということは本当に自分にとって大きな夢だった。K-1のリングで戦えるということは、他のどの場所で戦うよりも嬉しいことだ」とK-1参戦の喜びを語るグロースは、公開練習で長いリーチを生かした鋭いパンチのコンビネーションを披露。「コンディションは完璧で、今までにないぐらい仕上がっている」とコンディションの良さをアピールした。

 トーナメント・一回戦で対戦する杉本の印象を「すごく技術の高い選手だから、自分の今のスキルがどれくらいのものなのか測る上でも試合が楽しみだね」と話すグロース。杉本の得意技であるハイキックについて聞くと「絶対にガードを下げないから、彼のハイキックが当たることはないよ」と断言する。

「このトーナメントのためにスパーリングの数を増やすことはもちろん、色んな相手とスパーリングしてバリエーションを増やすことをメインにトレーニングしてきた。自分が決勝まで勝ち上がってチャンピオンになることしか考えてないから、決勝で戦う相手は誰でも構わない。まだイギリス人でK-1チャンピオンになった選手はいないし、ここでK-1チャンピオンになることが出来たら何よりも光栄なことだ」とトーナメント制覇に向けて準備万端だ。

 また「格闘技に興味を持ったきっかけがアニメや格闘ゲーム」というグロースは「フリーな時間には必ず日本のアニメやゲームに触れたいと思っている。ずっと日本でゲームをやってみたいと思っていたんだ」と笑顔を見せる場面も。グロースはK-1のベルトを巻いて、日本のアニメ&ゲームを堪能するつもりだ。