2018.06.11

 6月17日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」の[プレリミナリーファイト第1試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R]で対戦する横山朋哉と久保一馬のコメントを公開!

横山朋哉
「プレリミナリーファイト参戦が決まった時はやっと試合が決まって嬉しかったです。(格闘技を始めたきっかけは)小学校3年の時に兄貴(横山巧)と一緒に空手を始めました。誰よりも強くなりたかったのが始めたきっかけです。対戦相手は体を鍛えていてフィジカルと勢いがあるという印象です。この試合のテーマは“殴り勝つ”。打ち合ってKOします。(ファンのみなさんへ)6月17日はしっかりKOで勝って、プレリミナリーファイトから熱い試合を見せますので応援よろしくお願いします!」

久保一馬
「K-1はずっと目指し続けてきた夢の舞台だったのでプレリミナリーファイト参戦が決まって素直に嬉しい気持ちや、感動、興奮がありました。それと同時に気が引き締まり、もう引き返せないぞ、やるしかないと、格闘技・K-1の世界で勝負していくという、今までよりもより強い覚悟が芽生えました。

(格闘技を始めたきっかけは?)学生時代はサッカーでプロ選手を目指しましたが、夢は叶いませんでした。そんな中、学校を卒業して社会人になってからもサッカーの世界で夢を追い続ける友人の活躍を見て、一度きりの人生で自分ももう1度夢を持ち追い続けたいと思いました。それが格闘技を始めて、K-1を目指し始めたきっかけです。対戦相手はサウスポーで気持ちの強いアグレッシブな選手ですが、打ち合いになれば必ず自分がKOします。

 プレリミナリーファイト第1試合ということで、ファンの方々が見ていて熱くなる、気持ちの入った熱い試合をしてK-1を盛り上げたいと思います。次は本戦で見たいと思ってもらえるようなインパクトを残したいです。お客さんにはデビュー戦からの成長、ファイターとして生きていく覚悟を決めたところを見てほしいです。

(ファンのみなさんへ)夢を諦めそうになった事は何度もありました。その度に周りの方々に助けられ、今回K-1デビューという夢を掴むことが出来ました。そんな自分がこの試合に勝つことによって、ラッキーでも何でもデビュー2戦目、しかも1戦1敗でK-1に来てしまったラッキー、サプライズプレーヤー・久保一馬の名前を覚えてもらいたいです!」

 

選手登録