2017.12.28

 12月28日(木)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~SURVIVAL WARS 2017~」の一夜明け会見が行われた。

 K-1初参戦となった昨日の大会では必殺の三日月蹴りで芦澤竜誠を追い込み、K-1デビュー戦を勝利で飾った村越優汰。「昨日はインパクトを残して勝ちたかったので倒せなかったことが課題です」とKOできなかったことを反省し「やっぱりKOで勝つことで試合が盛り上がると思うので、倒して勝てるように練習を続けたいと思います」と、ただ勝つだけでなく内容でも魅せたいと話す。

 ここから本格的にスタートするK-1での戦いに向けて「K-1に来たのは最終的にベルトを獲るために来た」と所信表明。「Krush-58kgのベルトも獲れるなら狙っていきたい」とKrush-58kgのベルトも視野に入れて戦うと語った。

「K-1デビュー戦でしっかり勝つことができたのでホッとしています。初戦だったのでインパクトを残して勝ちたかったのですが、倒せなかったのが課題かなというところです。2Rに効いていて倒せるなと思ったのですが、芦澤選手は気持ちが強くて、気持ちの強さを見せられました。

 惜しいところまでは行ったんですけど、自分的に相手のことをなめた部分が少しあって、インパクトを残そう、倒そうと思って無駄に力が入っちゃってという感じです。今後のことを考えてもしっかりKOで倒さないと盛り上がらないと思うので、次はしっかりKOで倒せるように練習します。

(K-1で戦った感想は?)小さい頃からK-1を見ていて(昨日上がって)やっぱり華やかな舞台だなっていう印象です。こういう舞台で戦って勝てたことは嬉しく思います。後楽園では何試合もしてるんですけど、新しい舞台ということでいつもと違う緊張感がありました。僕はあまりいつも緊張しないんですけど、程よい緊張をしました。

(今後の目標は?)もともとK-1で同じ階級に武尊選手がいたということで、K-1のベルトも欲しいし武尊選手とやりたい感じだったんですけど、とりあえず今はフェザー級でやっているのでフェザー級のベルトを取りたいです。それで最終的に(武尊と)やれるならやりたいし、いつでも全然勝てる自信もあるので。

(昨日の大会で)気になった選手は特にいないです。最終的にK-1に来たのはベルトを取るために来たので、しっかり1個1個勝って進んでいきたいと思います。Krushのベルトも獲れるなら全然狙っていきたいです。でも最終的な目標はK-1のベルトっていう感じです。(ファンへのメッセージは?)今回は判定勝ちでしたが、次回はしっかり倒して勝つ姿をを見せたいと思いますので、一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします」